最近のトラックバック

« EURO2012:ドイツ、準決勝進出! | トップページ | DVD『サラの鍵』感想 »

トマス・ピンチョン著『メイスン&ディクスン』感想

上巻542ページ、下巻552ページの超大作。読み終えるのに1ヶ月かかりましたが、面白かった!



独立以前のアメリカで、ペンシルヴァニアの植民者とメリーランドの植民者との間の境界戦紛争を解決するために、両者の依頼を受けて、英国人の天文学者チャールズ・メイスンと測量士ジェレマイア・ディクスンの2人が率いる測量隊がアメリカ大陸に線を引いた。後にこの線が、アメリカの北部と南部に、すなわち奴隷州と自由州に分かつ線――「メイスン&ディクスン線」――と呼ばれるようになる――。


最愛の妻を亡くして憂鬱症気味のメイスンと、酒と女が大好きな陽気なディクスン。そんな凸凹コンビが開拓時代のアメリカを横断していく。途中でフランクリンとかも登場しますが、当時のこととて、2人は行く先々で「奴隷」制度を目にします。
それに我慢ならなくなったディクスンが、奴隷商人を打ち据えて、奴隷たちを逃がしてやるエピソードは痛快!このことで、2人に固い絆が生まれます。


原文が18世紀の英語で書かれているのにあわせたらしい擬古文調(?)の文体が最初読みにくかったけど、慣れればOK。メイスン&ディクスンをはじめ、一癖も二癖もある人たちばかり。その面白さに引きこまれました。

« EURO2012:ドイツ、準決勝進出! | トップページ | DVD『サラの鍵』感想 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EURO2012:ドイツ、準決勝進出! | トップページ | DVD『サラの鍵』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ