最近のトラックバック

« RICOHのデジカメ「CX-6」のピンボケが酷い | トップページ | ウィーンのカフェ(2)カフェ・シュヴァルツェンベルク Café Schwarzenberg »

ウィーンのカフェ(1)ユリウス・マインル

24日の土砂崩れによる運休に翻弄された京急ユーザーです。職場が横須賀方面にあるために難儀したわ~。でも復旧にもっとかかるかと覚悟していたので、思ったよりも早い復旧に感謝感激雨あられです。

さて、本題。

「音楽の都」ウィーンは、実は「カフェの都」でもあります。

ウィーン一の繁華街、ケルントナー通りを歩けば、「カフェ・コンディトライ」と呼ばれる自家製のケーキを出す選りすぐりのカフェやチョコレートショップが軒を連ねています。どこも素敵だし、ケーキはおいしそうだし、どこに入ったらいいんだ!と悲鳴を上げそうなくらいです。

その中から、私が行ったカフェを紹介します。
まずは「ユリウス・マインル」。グラーベンにあります。
メニューは、Wiener Fruestueck(ウィーン風モーニングセット)と、チョコケーキ。
「ウィーン風」というと、半熟卵がつくんですね。
ウィーンでは朝8時からやっているカフェが多いのでうれしい!
ベルリンではほとんどが10時からなので、朝食を食べに行く機会がなかったんですよ。

Wiendubrovnik_062

厳密に言えば、「ユリウス・マインル」は高級食材スーパーであってカフェじゃないんですが、こんなところもあるよ、ということで。スーパーの一角にあるということで、買い物途中で一休みもできるし便利ですね。
もともとはコーヒーの専門店だったということで、コーヒーがおいしい!オーストリア航空の機内食でも出てます。
ウィーン空港にも入っていますので、おみやげを買い忘れたらここでゲットするというのもいいかも。

≪ お店外観 ≫

Wiendubrovnik_059


≪ 店内 ≫

Wiendubrovnik_063


オンラインショッピングも出来ます。
ホームページ:http://www.meinlamgraben.at/page.aspx


« RICOHのデジカメ「CX-6」のピンボケが酷い | トップページ | ウィーンのカフェ(2)カフェ・シュヴァルツェンベルク Café Schwarzenberg »

ウィーン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RICOHのデジカメ「CX-6」のピンボケが酷い | トップページ | ウィーンのカフェ(2)カフェ・シュヴァルツェンベルク Café Schwarzenberg »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ