最近のトラックバック

« ウィーンのカフェ(2)カフェ・シュヴァルツェンベルク Café Schwarzenberg | トップページ | ウィーンのカフェ(3)オーバラーOberlaa »

DVD『木漏れ日の家で』感想

Pora_umierac01

ワルシャワ郊外の緑に囲まれた木造の古い屋敷、その家で愛犬フィラデルフィアと一人静かに暮らす老女アニェラ、91歳。
健康に不安を抱え、一人息子には同居を拒否され、悩みの種は尽きない。

そんな彼女の日課は双眼鏡で近所の家を覗くこと。片や若いカップルが経営する子供たちのための音楽クラブ、片や成金の愛人宅だ。

 ある日、隣人から家を売ってくれるよう持ちかけられる。即座に断った彼女だが、息子が自分に黙って話を進めようとしているのを知る。
絶望し、自ら死のうと決意するが、思い直して驚くべき行動に出る。子供たちの音楽クラブに土地を寄付し、その代わり死ぬまでそこに住み続けるというものだ。

子供たちがやってきた日、アニェラは穏やかに死を迎える。


 映像が美しいです。モノクロームながら、色を感じさせるような。木漏れ日の表現が印象的で、この映画の原題は『Pora umierać死ぬとき(←「死んだ方がマシ」というニュアンスもあるらしい)』と言うらしいですが、邦題の『木漏れ日の家で』がぴったり。あんなふうに、緑に囲まれた自分の家で、眠りながら死を迎えるなんて最高の死に方ですね。

アニェラを演じるダヌタ・シャフラルスカは、撮影時91歳。現在も舞台女優として現役を続けているポーランドの伝説的名女優だそうです。年齢を感じさせないほどのすばらしい演技でした。

そして、忘れてはいけないのが愛犬役のフィラデルフィア。言葉がわかるの?というくらい、ダヌタと息の合った名演技を披露してくれます。特にね、ラストシーン、目の表情だけでアニェラに何事かあったのが知らせてくれます。

冒頭、「温かい紅茶を誰かが入れてくれたら、他には何もいらない」とアニェラは呟いていましたが、ラストに子供たちの一人が紅茶を入れてきてくれるんですね。このシーン好きだな~。

« ウィーンのカフェ(2)カフェ・シュヴァルツェンベルク Café Schwarzenberg | トップページ | ウィーンのカフェ(3)オーバラーOberlaa »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウィーンのカフェ(2)カフェ・シュヴァルツェンベルク Café Schwarzenberg | トップページ | ウィーンのカフェ(3)オーバラーOberlaa »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ