最近のトラックバック

« 「ドイツフェスティバル2012」10月19(金)~21(日)に開催されます! | トップページ | ドイツフェスティバル2012に行ってきました! »

DVD『冬の小鳥』感想

「アジョシ」でヒロインの少女、ソニを演じたキム・セロンちゃんが父親に捨てられた薄幸の少女を演じます。

 1975年、韓国。9歳のジニは、大好きな父に連れられ、ソウル郊外へとやって来る。新しい福や靴を買ってもらったり一緒に食事をしたり、浮かれ気分も束の間、何も分からないまま、ある施設の門をくぐる。やがて父は、ジニを置き去りにして施設を後にする。そこは、カトリック系の孤児院だった。

父が必ず迎えに来てくれると信じるジニは、自分は孤児ではないと周囲に馴染むことを頑なに拒み、反発を繰り返す。そんな反抗的なジニを、年長の少女・スッキが気にかけ、何かと面倒を見る。

ある日、二人は傷ついた小鳥を見つける。隠れて介抱したがその甲斐なく死んでしまう。穴を掘って小鳥を埋める。

少しずつスッキに心を開き始めたジニだったが、彼女はアメリカ人の家庭に貰われていった。院長に頼んで父親に会いに行ってもらったが、引っ越して行方がわからなかったという。

絶望したジニは穴を掘り、そこに自ら入り土を自分にかける。

その後、フランス人の養女になり、一人パリへと旅立つ。

これが監督デビューとなるウニー・ルコントの、実体験を元にした作品。
過酷な運命を受入れ悲しみを乗り越えていく一人の少女の心の軌跡を描いています。

大好きな人に見捨てられた、なんて大人でもなかなか受け入れられない。まして、その理由もわからないまま、父親に捨てられた娘なら。

教会のミサの説教で、イエスが「父よ、なぜ私を見捨てられたのか」と嘆く場面について説いていますが、それを聞くジニの視線の先には、仲よさそうな父と娘の姿が・・・。

やり場のない怒りと悲しみを抱えた少女の表情が胸を打ちます。キム・セロンちゃん、上手いねえ。

自らを埋葬した後、フランス人の家庭に貰われていきますが、最後に施設のみんなとの集合写真では、笑顔でおさまりました。
ふっきれたとはいえないまでも、それでも前に進もうとする意志を秘めた瞳が印象的でした。

« 「ドイツフェスティバル2012」10月19(金)~21(日)に開催されます! | トップページ | ドイツフェスティバル2012に行ってきました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ドイツフェスティバル2012」10月19(金)~21(日)に開催されます! | トップページ | ドイツフェスティバル2012に行ってきました! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ