最近のトラックバック

« m-soeur のアクセサリー・6個目 | トップページ | クヌートのブロンズ像が動物園にて発表! »

DVD『善き人』感想

1930年代、ヒトラー独裁が進むドイツ。ベルリンの大学で文学を教えるジョン・ハルダーは、善き人であろうと心がけて生きる平凡な男だ。実際に彼は、病身の母を介護する善き息子であり、妻の代わりに家事をする善き家庭人であり、プルーストの講義に情熱を傾ける善き教師であり、戦争を共に戦ったユダヤ人モーリスの善き友であった。

しかし、そんなジョンの生き方を一変させる出来事が起こる。過去に書いた「安楽死」をテーマにした小説をヒトラーに気に入られたことから、ナチ党に入党せざるをえなくなったのだ。それは、生き延びるための余地のない選択。だが同時にモーリスを裏切る行為でもあった。

やがてドイツ国内で反ユダヤの動きが激化。親衛隊の幹部に出世したジョンは、国外脱出を望むモーリスに手を貸そうとするのだが……。

英国の劇作家C・P・テイラーの代表作を映画化した本作。ひとりの善良な人間が、時代の波にひきずられて意図せぬ方向へ流されていく様を描いた重厚な人間ドラマ。

あまりジョンが苦悩しているようには見えなかったんだよね・・・。
ナチ入党も結局は大学での職を失いたくなかったからだし、教え子といい仲になって病身の母とノイローゼっぽい妻を捨てるし。
モーリスにワラをもすがる思いで国外脱出の手助けを頼まれても、あっさり挫折してるし。
それから、モーリスを警察に引き渡したのは元教え子で2度目の妻となったアン。
自分の身がかわいい、ユダヤ人には関わりたくない。当時としては普通の「善き」ドイツ人の反応なのかもしれない。

ジョンはときどきマーラーの曲が幻聴で聞こえるのですが、これが逆に感情移入を削いでいる気が。
あるきっかけで、モーリスがシレジアの収容所に送られたのを知り現地に飛ぶ。移送されてきた10人に9人は殺される収容所においては記録はずさんで、所在はわからないという。呆然と収容所内をモーリスを探して彷徨うジョンの耳に音楽が。移送列車が到着したときに出迎えるユダヤ人たちの楽団の音だと分かるのだが、これももしかしてジョンの妄想?と思わせてモヤモヤした。

ヴィゴ、インテリ役をやるにはガタイがよすぎる~。でも母や子どもの世話をするやさしいお父さんの姿は似合っていました。

劇中話されるのが英語なのは仕方ないとして、せめて「ジョン」という英語名じゃなくて「ヨハン」とかにして欲しかった・・・。あるいは英独両方ある名前とか。

公式ホームページ:http://www.yokihito-movie.com/index.html

« m-soeur のアクセサリー・6個目 | トップページ | クヌートのブロンズ像が動物園にて発表! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« m-soeur のアクセサリー・6個目 | トップページ | クヌートのブロンズ像が動物園にて発表! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ