最近のトラックバック

« 「ラ・メゾン アンソレイユターブル」のフリュイルージュのショコラティータルト | トップページ | 三浦の河津桜と菜の花 »

NHK交響楽団2013 横浜定期演奏会感想

久しぶりにクラシックのコンサートに行きました。

2013年2月23日(土)開演 2:00pm
横浜みなとみらいホール

曲目は次のとおり。

リスト/交響詩「レ・プレリュード」
 
リスト/ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調
 
サン・サーンス/交響曲 第3番 ハ短調 作品78

指揮:準・メルクル
ピアノ:ヘルベルト・シュフ
N響の皆さんは、燕尾服で演奏するんですね。最近ダークスーツのところが多いから逆に新鮮。
やっぱりオケは燕尾服だな!(←暴言)

前半はリスト2曲。リストといえば、ラルフ・イーザウ『緋色の系譜』では超常力者として登場。ピアノのソリストはヘルベルト・シュフさん。アンコールには、同じくリストの「ラ・カンパネラ」を演奏してくださいました。
あんな早い曲、とてもじゃないけど弾けない・・・。

サン・サーンスの交響曲第3番は、パイプオルガンが入る曲ですが、あまり主張しないのね。
この曲を初めて聞いたとき、「マーラーに似ているな」と思いましたね。

やっぱりコンサートはいいなあ。

niftyのブログの管理ページから記事を作成するとき、gooleだと改行やリンク張りが上手くいかないのはなぜなんだろう・・・。

« 「ラ・メゾン アンソレイユターブル」のフリュイルージュのショコラティータルト | トップページ | 三浦の河津桜と菜の花 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ラ・メゾン アンソレイユターブル」のフリュイルージュのショコラティータルト | トップページ | 三浦の河津桜と菜の花 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ