最近のトラックバック

« 江の島ウィンターチューリップ | トップページ | 新丸ビルであか牛のステーキ丼を食す »

千葉美術館『Kimono Beauty』 展感想

千葉美術館で2月11日まで開催中の、「Kimono Beauty」展に行ってきました。
千葉駅って初めて降りましたが、モノレールが走っているのですね。

Kimonobeauty_008

ボストン美術館の「ビゲロー・コレクション」を中心に、江戸中期~昭和初期に至る着物、帯、装身具、当時の風俗を伝える絵画などが展示されています。

Kimonobeauty_004

観覧料は一般1,000円ですが、着物で行くと200円引きだからか、着物姿の女性を多く見かけました。

昔の、刺繍や織をふんだんに使い贅を凝らした小袖や打掛、大正~昭和と現代に近くなると一般女性が着るような着物はグッとモダンな雰囲気になり、実に目の保養。

一部に、出展者さんのご好意により撮影可な着物もありましたね。

Kimonobeauty_005

Kimonobeauty_006

Kimonobeauty_007

衣紋掛けに掛けたものは、絵のような美しさ、人形に着せ掛けるとさらに美しい。

私ももっと着たいけど、なかなか着る機会がなくて・・・。

でも、着物ってほんとうにいいですね!

Kimono Beauty 展公式ホームページ:http://www.ccma-net.jp/exhibition_01.html

« 江の島ウィンターチューリップ | トップページ | 新丸ビルであか牛のステーキ丼を食す »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江の島ウィンターチューリップ | トップページ | 新丸ビルであか牛のステーキ丼を食す »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ