最近のトラックバック

« まつげスマート | トップページ | オガちゃんに会いに行く »

DVD『カリーナの林檎~チェルノブイリの森~』感想

   チェルノブイリ原発事故のあったウクライナの隣国であるベラルーシ国に住む少女カリーナ。本当の名は「アレーシャ」だが、おばあちゃんがカリーナの樹にちなんで付けてくれた名を気に入っていた。

   夏休みの最後を大好きなおばあちゃんの住む田舎の家で過ごしていた。カリーナの一家はかつてこの家に住んでいたが、ママの発病、入院で家族はバラバラになっていた。
パパは入院費を稼ぐため、モスクワに出た。カリーナはベラルーシの首都ミンスクの親戚の家に預けられた。
   しかしそこでの暮らしになじもうとしないカリーナ。友だちも出来ず、いつも孤独だった。
でもどんなに辛くても寂しくても泣かなかった。それがママとの約束だから・・・。
ある日カリーナは、入院中のママからこんな話を聞かされる。「チェルノブイリという街には悪魔のお城があって、悪い魔法使いが毒を撒き散らしているのよ」

   親戚のおばさんが電話で「おばあちゃんが病気になった」と話しているのを盗み聞きしたカリーナは、一人でおばあちゃんの家に向かう。
おばあちゃんは大喜びし、カリーナも喜んで介抱した。
悪い魔法使いのことをカリーナはおばあちゃんに聞いてみた。するとおばあちゃんは「神様がやっつけてくれるさ」と笑った。神様がいてくださる・・・カリーナは心強く思った。

   だがおばあちゃんの家は居住禁止区域のすぐ隣の村にあり、放射能汚染の危険があった。おばあちゃんはそれを知りながらも、この土地を離れらなかった。

   ママの病気が悪化し、カリーナは街に連れ戻される。そしてカリーナ自身も病に倒れてしまう。
   カリーナは神様を疑い始める。
「神様はどうして悪い魔法使いをやっつけてくれないの?」

   入院先の友だちが次々亡くなっていく・・・。そして本人も知らないことだが、病気が再発していた。
   カリーナはあることを決意する。
「悪い魔法使いに頼んで、毒を撒くのをやめてもらおう」

カリーナは病院を抜け出し、チェルノブイリを目指して旅立つのだが・・・。

病気の女の子が厳寒の森の中を一人でフラフラ・・・って信じられないというか寓話仕立てのラスト。「カリーナ」自体が、現地取材で出会った子どもたちの象徴ということなんですね。

冒頭、ミンスクの親戚のおばさんがおばあちゃんからのおみやげの林檎やキノコを捨ててしまう。「ひどいな」と思うかもしれないけど、林檎もキノコも放射能に汚染されているんですよね。

おばあちゃんの家のある村の空も川も森も、こんなに美しいのに、放射能に汚染され人も住めない場所になっている。

それを証明するかのようなホントのラストシーン。
2010年3月、チェルノブイリに入ったスタッフがガイガーカウンターを向けると、針が激しく触れアラーム音が響き渡る。事故から24年たった今も、高濃度の放射能を撒き散らしているんですね。

チェルノブイリと同じレベル7の放射線災害となった福島原発のメルトダウン。
あれから2年がたち、記憶も風化しつつありますが、今現在も「毒を撒き散らしている」・・・このことを忘れてはいけない、と思いました。

公式ホームページ:http://kalina-movie.com/top.html

« まつげスマート | トップページ | オガちゃんに会いに行く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まつげスマート | トップページ | オガちゃんに会いに行く »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ