最近のトラックバック

« ホッキョクグマ「ヴォロージャWolodja」、ベルリン動物公園へ | トップページ | DVD『東ベルリンから来た女』感想 »

DVD『コッホ先生と僕らの革命』感想

原題は Der ganz große Traum (実に大きな夢)。
しかし題名とかに「革命」をつけるの、最近よく見るけど流行りなのかね。

1874年、帝政ドイツの歴史ある都市ブラウンシュヴァイクに、若き英語教師が馬車に揺られてやってきた。
コンラート・コッホ。後に<ドイツ・サッカーの父>と呼ばれる人物である。
名門カタリネウム校の進歩的なグスタフ校長に、ドイツ初の英語教師として招かれたのだ。その手には、留学先のイギリスで親しんだサッカーのボールがあった。

 ところが、初めて教室に入ったコッホを待っていたのは、生徒たちのイギリスに対する強い偏見だった。しかも、級長ハートゥングが中心となって、教室でただひとりの労働者階級出身のヨスト・ボーンシュテットをいじめていることがわかる。

 その夜のパーティでコッホは、ハートゥングの父親と出会う。彼は地元の名士で後援会会長も務め、カタリネウム校に対しても絶大な権限を持っていた。「ドイツ帝国の教育は秩序と規律、服従がすべて」と語る彼は、子どもたちの未来のために進歩的な教育を施したいと考えるコッホと対立した。

 英語に全く関心を示さず、学ぶ意欲のない生徒たちを見て、コッホは授業にサッカーを取り入れることにする。すっかりサッカーに夢中になった生徒たちは、サッカー用語を通じて英語の授業も熱心に受けるようになる。

 その中でも、体操用品会社の社長の息子オットー・シュリッカーは、早速、ボールに興味を持ち、同じようなものを作れないかと自分で開発を始める。一方、サッカーに並外れた才能を見せ始めたボーンシュテットは、次第にクラスの皆から一目置かれるようになっていく。

 ある日、後援会のメンバーと校長がコッホの授業を参観しようと教室を見ると、教室はもぬけの殻。歓声が聞こえてきた体育館に入ると、サッカーの試合の真っ最中で、運悪く、ボーンシュテットが蹴ったボールが牧師の股間に命中してしまう。
激怒したハートゥング会長は即刻サッカーを禁止するようにと校長に命じ、さもなくばコッホを解雇すると脅す。退学処分の最後通告を受けたボーンシュテットの母親からも、息子の将来を危険に晒したとコッホは責められる。

 いったんは学内のサッカー禁止令に従ったコッホだったが、生徒たちの暗い表情を見て、一計を講じる。「学校の外では自由だ。あとは君たちにまかせる」。放課後、シュリッカーを中心に自発的にサッカーの練習を取り組むようになった生徒たちに、コッホも熱心に教え、次第にクラスは本物のチームとしてまとまりを見せていく。

フェアプレイ、仲間意識、そして自由な精神。コッホがサッカーを通じて教えたかったことが、抑圧された生徒たちの中で実を結んだのだった。

しかし学校や親の目を盗んでサッカーをしていることが発覚し、コッホのクビもいよいよ怪しくなる。 
恋仲のメイドのロザリーと引き裂かれたこともあり、父親に反発し始めたハートゥングは、校長秘書のザルヒョウを巻き込んで、帝国教育庁から視察団を呼び寄せることに成功する。
しかし、ボーンシュテットからロザリーの危機を知ったハートゥングが窓から飛び降りてケガをするにあたり、父親のハートゥング会長は即刻、コッホの解雇とボーンシュテットの退学を言い渡す。

ところがコッホが学校を去ろうとしたそのとき、コッホの親友イアンが、自分の生徒を引き連れイギリスからサッカーの試合をしにやってきた!そこへちょうど視察団も到着。街中を巻き込んでのサッカーの試合が始まった・・・。

1874年頃のドイツが舞台、ということは、対仏戦争に勝って「ドイツ帝国」が誕生した頃。社会の変革期でもあったわけです。
資産階級のハートゥングの父親がボーンシュテットを見て、「労働者階級が自分たちに取って代わろうとしている」とピリピリするのもわかるような。

本作は、「ドイツ・サッカー誕生秘話」であるとともみ、少年たちの成長物語でもあります。
ボーンシュテットを「プロレタリア」と見下すいけ好かないヤローだった資産家の息子ハートゥングが、ゴールを共に喜び合ったり、虐められてオドオドしていたボーンシュテットが「自分はサッカーをやりたいんだ!」と自分を出せるようになったり、見ていてすがすがしいものがありますね。
グズでのろまだったのに、チームをまとめたり、自分の試作したサッカーボールを試合している横で売らせたりと、大活躍したシュリッカーが本作の影の主役かも(笑)。

ドイツで19世紀以降行われた体操はトゥルネンTurnenと呼ばれ、ナポレオンに支配されたドイツの解放運動の一環としてF.L.ヤーンが始めた身体運動中心の青少年教育活動である。主に、吊り輪やあん馬などの器械体操が中心でした。愛国運動的側面もあったヤーンの思想は、後にナチス・ドイツに受け継がれていきます。

映画にも体操の教師が出てきますが、筋骨隆々で口ひげをたくわえた人物という、当時のカリカチュアなどで描かれているとおりの典型的な「体操教師」でしたね。

公式サイト:http://kakumei.gaga.ne.jp/top.html

« ホッキョクグマ「ヴォロージャWolodja」、ベルリン動物公園へ | トップページ | DVD『東ベルリンから来た女』感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホッキョクグマ「ヴォロージャWolodja」、ベルリン動物公園へ | トップページ | DVD『東ベルリンから来た女』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ