最近のトラックバック

« DVD『コッホ先生と僕らの革命』感想 | トップページ | オオグソクムシにタッチ!オガちゃんも元気。 »

DVD『東ベルリンから来た女』感想

東ベルリンから西側に来た女性の話だと思っていたら違った。

1980年、東ドイツの田舎町に、首都ベルリンから若い女医が赴任してきた。
彼女の名はバーバラ・ヴォルフ、西ドイツへの出国申請をしたための左遷だった。そして何か怪しい素振りを見せればすぐにシュタージ(秘密警察)が来て家宅捜索をしていく――それが彼女の日常だった。

同僚の医師アンドレが何かと彼女のことを気遣うが、彼自身、医療事故の揉み消しと引き換えに、彼女のことを役人に報告する立場だった。
それでも、誠実で医師としても優秀なアンドレを、バーバラは次第に信頼していく。

病院に作業所から逃げ出したという若い娘のステラが搬送された。肋膜炎を発症している上に妊娠していた。「この国を出たい」というステラだったが、入院の引き延ばし工作もむなしく、作業所に送り返される。

バーバラは監視の目を盗んで、西側に住んでいる恋人とのつかの間の逢瀬を楽しむ。彼は、バーバラが東ドイツを脱出できるように準備を進めていた。

バーバラたちの病院に、今度は高所から転落して自殺未遂を起こしたマリオが担ぎ込まれた。
動機は失恋だったが、恋人が見舞いに来ても反応がおかしいため、開頭手術をすることになる。その日は、バーバラの恋人が手配した脱出決行の日だった。

迷いながらも脱出する準備を勧めるバーバラのもとに、ステラが転がり込む。またもや作業所から逃げ出したのだ。
バーバラはステラを連れて、約束の海岸まで行くが・・・。

ヒロイン演ずるニーナ・ホスの、張りつめた表情とか雰囲気がすばらしい。
それでいて、患者の前では温かく安心させるような風格がある。
日々監視下にあれば、身も心も疲弊してくるでしょうね。医師の仕事に誇りを持っていることがうかがえます。

それにしても、

ドイツで海辺のある地方といえば、バルト海に面した北部。だけどステラのいたトルガウ作業所というのは南部にあるんですよね。わざわざそこまで連れて来たのかしら?

作業所で妊娠となれば、相手は作業所の職員で、ほぼ性的虐待が行われたんでしょうね。だから遠くの病院に連れてきた?

監視の理由が西側への移住申請だというのに、外国人専用のホテルがあったり、逃げ出しやすい海辺があったりする街に赴任させるとは、泳がせてシッポを掴むつもりだったのか?

その辺がちょっとよくわからなかったけど。

「壁崩壊」から来年で25周年。DDR時代のことを描いた作品はまだ少ないのですが、あの時代に何があったかをどんどん映画化して検証していってほしいですね。

公式ホームページ:http://www.barbara.jp/

« DVD『コッホ先生と僕らの革命』感想 | トップページ | オオグソクムシにタッチ!オガちゃんも元気。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DVD『コッホ先生と僕らの革命』感想 | トップページ | オオグソクムシにタッチ!オガちゃんも元気。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ