最近のトラックバック

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

みちのく一人旅~番外・おみやげ編~

最後におみやげのネタを少々・・・。

<あきたロール>
無料試食会でランキング1位を獲得! 秋田県産あきたこまち米粉100%の和風ロールケーキ。白い生地に大納言とあおさの緑色が映えて見た目もきれい。
味ももちろん、おいしかったです。

Rimg0699

<醤油アイス>

地元の老舗醤油醸造の安藤醸造とのコラボで生まれたアイスクリーム。空港で見かけて食べてみましたが、これがまたおいしいんだ!

Rimg0693

< スチームクリーム >

羽田空港先行発売のデザイン。「飛行機」+「限定」という、ダブルで私の弱いところを突いてくるなんて・・・。

Rimg0021



今回久しぶりに飛行機に乗って、ほんとに楽しかった!久しぶりに笑った気がしたよ。
私って本当に飛行機旅が好きなんだな~と実感した旅でした。

みちのく一人旅~秋田市編~

男鹿駅から男鹿線に乗って秋田駅へ。

Rimg0666

夕方の飛行機まで間があるので、昼ご飯とプチ観光して時間を潰そうかなと。

というわけで、赤レンガ郷土館へ。

Rimg0673


旧秋田銀行本店の本館として建てられたもの。外観はルネサンス様式を基調にし、内部はバロックの手法が取り入れられています。

舞踏会でも開けそうな華麗な営業室。

Rimg0674

重厚感あふれる頭取室。

Rimg0676

郷土館から5分ほど歩いた場所にある民俗芸能伝承館と旧金子家住宅も、お勧めされて見てみました。

伝承館の方は、竿燈(かんとう)をはじめとする郷土の民俗行事や芸能について展示されています。

Rimg0681

隣接する金子家住宅の方は、江戸時代後期から続く商家の建物を展示しています。主屋は明治20頃と言われ、建物内にある土蔵は江戸後期の建物だそうです。昭和57年まで「現役」で、商売が営まれていたとか。

Rimg0683


Rimg0688



最後にきりたんぽ鍋を食べて、みちのく一人旅はこれでおしまいです。

Rimg0692

みちのく一人旅~ホテルきららか~

一人旅だと、泊まるところが限られます。ネットで探して一人客OKな、「ホテルきららか」さんを予約しました。
ところが、よくよく調べたら水族館からホテルまで、路線バスも走っていないし、歩くには距離があるしで、どうしたらいいんだ?とホテルに行き方について相談したところ、ご厚意で水族館まで迎えに来てもらえることになりましたよ。

Rimg0658

海っぺりに建つ最高のロケーション!何にもないけど、そこがいい!
温泉は2km先の波打ち際に湧き出る金ヶ崎温泉から源泉を引いているとのことで、そのせいかちょっとぬるく感じましたね。ゆっくり入っているとじわっと温まってきましたが。ちょっと塩味がしました。露天風呂もあって、お風呂から海が臨めるんですよ~。天気よかったらなおよかったけど、いい感じです。シーズンオフのせいか、お客さんも少なくて貸し切り状態でした。

さて、旅行のお楽しみはやはり食事。180°オーシャンビューのレストランでいただきました。(写真は朝食時)。

Rimg0655

前菜。カジキ鮪の昆布締めがおいしかった。

Rimg0646


おつくり。

Rimg0647

酢の物。カニ。

Rimg0648

ふぐちり鍋。

Rimg0649

焼き物。カレイの柚庵焼き。

Rimg0650

揚げ物。ゴマ河豚のてんぷら。

Rimg0651

焚合。 棒鱈の旨煮など。

Rimg0652

ご飯と香の物とお吸い物。

Rimg0653

フルーツ。

Rimg0654

お部屋もゆったりしてたし(ツインのシングルユースだから当然だけど)、景色はいいし、食事もおいしかったし、男鹿駅まで送ってもらえたし、機会があったらまた泊まりたいホテルでした。
ほんとに、交通の便がもっとよければ・・・。

Rimg0656

<レストランからの眺め >

みちのく一人旅~男鹿水族館③~

普段は見ることができない水族館の裏側を、飼育スタッフの解説付きで案内してくれるという「魚っ知ツアー」に参加しました。

扉を開けると、むきだしの配管、ごつい装置が並ぶ機械室のような場所。
男鹿水族館ではいくつかのテーマに分けて展示していますが、それぞれの水槽にろ過装置や熱転換器が設置されています。

Rimg0577

見学者はこの水槽を上からのぞくことができます。

アジの水槽

Rimg0606


裏側

Rimg0576

イカの水槽
正面から見ると黒っぽいイカも・・・

Rimg0610_2


裏側
上から見ると透明!

Rimg0578

群れる魚「サギフエ」の水槽
Rimg0614

細長い口で水鉄砲のように水を吐きます。

Rimg0580

大水槽も上から見られますよ!

Rimg0605

Rimg0585


スタッフさんによると、サメは基本的に憶病なので自分からは仕掛けてこないそう。それよりもウミガメが噛んできたりするので、そっちのほうがダイバーさんにとって恐怖なのだそうです。

なんと、ホッキョクグマの展示場入口も見せてもらえました。

Rimg0582

事故防止のために、常に2人1組になって入るのだそうです。うっかり逃げ出した、なんてことになったら人間もきけんだけど、ホッキョクグマの方も危険ですよね。

階段下にはおもちゃの数々・・・。噛み跡がすごいです。
姫が軽々とぶん投げている黄色いガス管とか、私ひとりじゃ持ち上げられませんでしたよ。さすが「陸上最大の肉食獣」です。

Rimg0584

みちのく一人旅~男鹿水族館②~

「あ、姫様がいた~」

水族館ホームページでの愛称(?)「ミルク姫」がすっかり定着しました、ホッキョクグマの「ミルク」。
どこかの視察団体みたいな人たちに説明していた水族館スタッフの話を小耳にはさんだところによりますと、これでもツキノワグマの成獣と同じくらいの大きさがあるそうです。
クルミお母さんのそばでは小さく見えますね~。

おかあさんがきをかじってる!あたしもやる~!

Rimg0572

と真似してかじったり、クルミお母さんがチップの上で転がっていたら自分もチップに体をなすりつけたり、仲良し母娘、微笑ましいったらないです。

母が持っているおもちゃに興味津々な姫。

Rimg0589

おかあさん、あたしもそれであそびたい!

Rimg0590

そんな娘を「もう、そんなにひっつかないでよ」とあしらう母。人間の親子でもありそうだよね。

いろんなおもちゃでいろんな遊びをする姫。ほんと頭いい子だよね!

Rimg0624


Rimg0600


<筒状の布?に手(前脚)を突っ込んで遊ぶ姫>

今、GAOでは「ホッキョクグマバースデー月間」というイベントをやっていて、お祝いメッセージを募ったり、豪太・クルミ・ミルクと同じ誕生日の来館者は入場料が割引されたりといろんな企画が盛りだくさん。
私もお祝いメッセージを書いていこうと思ったけど、お迎えの車が来てしまったので、断念。

館内のレストラン「フルット」では、ホッキョクグマたちの大好物がたっぷり入った「シロクマランチ」が提供されていました。豪太の好きなりんご、クルミの好きな鮭、ミルクの好きなトマトが使われています。デザートのゴマアイスも香ばしくて絶品。単品で売っていたらお土産で買って帰りたかったくらい。
Rimg0575

ミルクココアにはリーフパイのおまけつき。

Rimg0601



レストランからの眺め。海が近いです。

Rimg0604

追記

YouTubeに動画をアップしました。初投稿(?)なので、うまくできてないのですが、よかったら見てください!

https://www.youtube.com/watch?v=3kvByzuhHfQ

みちのく一人旅~男鹿水族館①~

「飛行機!温泉!シロクマ!」というテーマで、思い立って秋田県男鹿半島に行ってきました。お目当ては、男鹿水族館GAOで去年12月4日に生まれた、ホッキョクグマの女の子「ミルク」です。

水族館のホームページでその成長を追っかけていましたが、来春そうそう釧路のほうに移動するときいて、「いつ行くの?今でしょ!」と思ったわけです。

まずは羽田空港から。クリスマスツリーがきれいです。

Rimg0004

「パステル」で羽田空港限定の「焼き芋のクリームのモンブランプリン」を購入。機内でいただきました。

Ca3i0234_2




その日の朝、雪が降ったらしく、「視界不良で引き返す可能性もある」とアナウンスがありましたが、無事秋田空港に到着。

Rimg0011



空港から男鹿水族館までは、エアポートライナーで直行しました。

男鹿水族館はすごく交通の便の悪いところにあるので、車のない人、かつ時間が合う人はこれに乗った方が楽!です。タクシーを頼んだら15,000円くらいかかるはず、とホテルの人が言っていましたが、空港~男鹿水族館までは3,800円なのでリーズナブルすぎてありがたいくらいです。

エアポートライナー ホームページ:http://www.airportliner.net/

海岸線沿いに走って2時間後、水族館に到着。

Rimg0636




ちょうど豪太くんのエサの時間だったのでそちらに直行。

豪太。ミルクのお父さんです。

Rimg0020


お尻のハゲは、検査か何かで毛を刈った跡でしょうか?


Rimg0018


Rimg0563



この日はなにかまったりした雰囲気でしたね。動きがなくて、遠来から来た来館者としてはちょっと物足りなかったけど、まあ、そんな人間の都合押しつけてもね。

森田汐生著『「怒り」の上手な伝え方』感想

今まさに、心に怒りを抱えている状況なので、読み進めるのが辛かった本でした。

アサーティブとは、自己主張すること。私は門を立てずに自分の主張を通す言い方のことだと思っていたけれど、目指すところは「自分も相手も尊重するコミュニケーション」なのだそうだ。

嫌なことをされたり言われたりしたときは、怒っていい。でも言い方を工夫して、相手も自分も責めないようにして、よりよい人間関係を構築しましょう、というのが本書の内容です。

では、怒ったときにどう振る舞うか。相手に対し攻撃的になってしまう「カッちゃん」、ひねくれた言い方をしてしまう「ヒネちゃん」、心のうちに抱え込んでモンモンとしてしまう「モンちゃん」とタイプ別に分け、それぞれ対応の仕方を提案しています。

紹介されているスキルの一つに、怒りを伝えるときに「私」を主語にして言うというのがあります。「みんな言ってるよ」などと一般論にすり替えないほうがよいと説いています。
でも以前、上司に「私はそういうは嫌だ。こう思う」と言われたときに、「あなたはそうかもしれないけど、普通の人はそうは考えないよ!!」と反発を覚えてしまいました。
私はその上司に不信と不満を持っていたので、そう感じた。信頼関係がないと「私」が主語のメッセージは逆効果だと思うんだが、そこはどうなんでしょうね。

逆に怒りをぶつけられたときの対処法も出ています。実際こんなふうに冷静に対応できるかどうか難しいけど、真似してみたいと思いました。

この手の本にはだいたい、「自分を認めよう」「自分を肯定しよう」というメッセージが入ります。
ただ、この本を手に取った人は、自分のことは肯定しているけど、「他人は自分のことを肯定していない、悲しい」と思っているから悩んでいるのではないでしょうか。

なんだろう。私は自分のことを肯定していると思っているけど、実は違うのかな。
自分にぴったりの処方箋など載っている本などあるはずはないのですが、この手の本を読むたびに違和感を感じるのです。

仕事に意欲的に取り組むようにするために必要な12の条件

先日フィットネスクラブでヨガのクラスに出たとき、「耳ヨガ」というものを教えてもらいました。
ただ耳を引っ張りながら、耳の堅くて気持ちの良いところをほぐしていくものですが、耳を柔らかくすると体もほぐれるし、血行が良くなって体が温まります。頭に相当するのが耳たぶの下の方、そこから上に行くにしたがって、肩→背中→腰→お尻が柔らかくなるようです。
実際、耳を揉んだあとストレッチしたら伸ばすのが楽になりましたよ。

さて。

「ワシントンDCに拠点をおく世論調査会社、ギャラップ社が10月8日に発表した大規模な調査結果(“State of the Global Workplace”)によると、世界中で、意欲も積極性も持たず、他人の足を引っ張る従業員は、仕事に愛着があり、意欲を持っている従業員の倍も存在すると分かった。」

引用:日本経済新聞WEB版より
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK3002I_Q3A031C1000000/

最近めっきり働く意欲をなくした私ですが、なんとなくネットを見てて流れ着いた記事が、興味深かったので覚書として。

この記事によると、世界の労働者の9割が「意欲がない」「意欲を持とうとしない」だそうだ。日本だと、仕事に意欲を持ち、幸せを感じる従業員はわずか7%なんだとか。

仕事に意欲的に取り組むようにするために必要な12の条件を、ギャラップ社が提示していますが、以下のとおり。

1 職場で自分が何を期待されているか知っている

2 仕事を間違いなくこなすための材料や道具をもっている

3 職場で、毎日、自分が最も得意なことをする機会がある

4 この1週間に、職場で良い仕事をしたとして認知されたり称賛を受けたりした

5 上司やその他、職場のだれかが、自分のことを一人の人として気にかけてくれているようだ

6 私が進歩していくのを励ましてくれる人が職場にいる

7 職場で、自分の意見をくんでくれる

8 会社の使命や目的が、自分の仕事は大切だと感じさせてくれる

9 同僚たちは質の高い仕事をしようと努力している

10 職場に仲の良い友人がいる

11 過去6カ月の間に、私の仕事が進歩したと職場のだれかに言われた

12 昨年、仕事で学び成長する機会があった

・・・全部あてはらないんですけど。

自分の意思を持たないコマとして黙って働くように期待されているのは知っているけどね。何かやったとしても誰もほめてくれないし。

なんか楽しいこと、ないかしら・・・。

森虎農園(モリトラファーム)

先日、仕事で虎ノ門の方に行ったところ、都会の真ん中にこんな緑地発見。

Rimg0395


同僚と「面白そうだね~」と言いながら、近くで弁当を買ってピクニック気分で昼食&打合せ。
ビジネス街なので、トラックが路上販売してたりしてるんですよ。さすが都会。

Rimg0392


Rimg0393



森トラストが手がけるアウトドアパークで、期間限定(2014年1月下旬)だそうです。いろんなハーブを人型に植えた「ハーブマン広場」を中心に、貸農園やフットサルコート、ビアガーデン、それに映画館まであります。

そうか、「森トラスト」と「虎ノ門」の頭文字で「森虎」なのか!

公式ホームページ:http://www.mt-garden.com/index.php

ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団名曲全集 第91回に行きました。

2013/11/03(日) 14:00開演

【出 演】
指揮:ユベール・スダーン
ヴァイオリン:レイ・チェン

【曲 目】
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
ブルックナー:交響曲 第4番 変ホ長調「ロマンティック」

川崎のミューザで東京交響楽団のコンサートに行ってきました。
実は、初ミューザ。ワインヤード形式で、正面にパイプオルガン。みなとみらいホールに似てますが、開演を告げる音がドラじゃないので、ちょっと違和感。(本来、ドラの方が一般的じゃないんだけど・・・)

東京交響楽団は燕尾服着用なんですね。赤いカマーベルトがおしゃれです。


ヴァイオリンのソリストは、台湾生まれ、オーストラリア育ちのレイ・チェン。
重厚感のある演奏でしたよ。
まだ24歳ということで、お辞儀する姿とか若々しくて、ほほえましい感じがしましたよ。
(完全にオバチャン目線だな・・・)
アンコールは、パガニーニ作曲の「24のカプリーズ第21番」でした。

そういえば、演奏中に地震が起きてびっくりしました。(後で調べたら、茨城県南部が震源地で、川崎は震度2でした。)
そのまま続行しましたけど、ミューザといえば、大震災の時に天井が崩落したいわくつきのホール。改修後とはいえ、やはり不安になりますよね。天井に目を走らせている人、私のほかにも何人もいましたよ。

「ロマンティック」は、重厚というか、大音声ですごい迫力でした。
ヴァント指揮のCDで聞きなれているからか、「もう少し繊細でもよかったな~」なんて思ったりして。
もっとも、CDで音量絞って聴くのとわけが違うのですが。

でも、両方とも生で聴きたかった曲だったのでよかったです。

インターネットの速度の切り替えをしました。

実は光ファイバーに乗り換えようと思ったんですが、家族と相談の末、結局このままJCOMで行くことにしまして。
JCOMに「結局解約しないことにした」と連絡を入れたら、長期契約するプランを勧められました。それにすると、下り速度が40Mから160Mになるので、もっと早くなるし月々の支払いもお得になりますよ~、と言われて即決。

で、今日モデムの切り替え工事をやってもらいました。

さっそく速度測定サイトで計測すると・・・。

(1)価格.com

http://kakaku.com/bb/speed.asp
測定日時  :2013/11/04 10:29:26
回線種類  :
下り速度  :37.3M(37,327,547bps)
上り速度  :4.6M(4,644,831bps)

(前回)
測定日時  :2013/10/20 20:47:57
回線種類  :ケーブルテレビ
回線名称  :J:COM
下り速度  :12.5M(12,482,535bps)
上り速度  :2.0M(1,980,340bps)

(2)USEN

あなたの回線速度26.608Mbps

(前回)
あなたの回線速度13.515Mbps

(3)速度.jp スピードテスト

ダウンロード速度 70.74 mb/s
アップロード速度  6.95 mb/s

(前回)
ダウンロード速度 7.94 Mb/s
アップロード速度 1.74 Mb/s

こちらは前のFM-Vとの比較ですが、下り速度が10倍も違う!

平日の夜と休日の午前中じゃ条件が違うので、また今度測定してみようと思います。

それにしても、今月はテレビも買い換えたし、出費が嵩むな・・・。


追記:

価格コムで、再度測定しました。

測定日時  :2013/11/06 20:49:46
回線種類  :
下り速度  :46.7M(46,745,313bps)
上り速度  :4.3M(4,292,753bps)

すご~いっ! 46.7Mも出ている・・・。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ