最近のトラックバック

« 森田汐生著『「怒り」の上手な伝え方』感想 | トップページ | みちのく一人旅~男鹿水族館②~ »

みちのく一人旅~男鹿水族館①~

「飛行機!温泉!シロクマ!」というテーマで、思い立って秋田県男鹿半島に行ってきました。お目当ては、男鹿水族館GAOで去年12月4日に生まれた、ホッキョクグマの女の子「ミルク」です。

水族館のホームページでその成長を追っかけていましたが、来春そうそう釧路のほうに移動するときいて、「いつ行くの?今でしょ!」と思ったわけです。

まずは羽田空港から。クリスマスツリーがきれいです。

Rimg0004

「パステル」で羽田空港限定の「焼き芋のクリームのモンブランプリン」を購入。機内でいただきました。

Ca3i0234_2




その日の朝、雪が降ったらしく、「視界不良で引き返す可能性もある」とアナウンスがありましたが、無事秋田空港に到着。

Rimg0011



空港から男鹿水族館までは、エアポートライナーで直行しました。

男鹿水族館はすごく交通の便の悪いところにあるので、車のない人、かつ時間が合う人はこれに乗った方が楽!です。タクシーを頼んだら15,000円くらいかかるはず、とホテルの人が言っていましたが、空港~男鹿水族館までは3,800円なのでリーズナブルすぎてありがたいくらいです。

エアポートライナー ホームページ:http://www.airportliner.net/

海岸線沿いに走って2時間後、水族館に到着。

Rimg0636




ちょうど豪太くんのエサの時間だったのでそちらに直行。

豪太。ミルクのお父さんです。

Rimg0020


お尻のハゲは、検査か何かで毛を刈った跡でしょうか?


Rimg0018


Rimg0563



この日はなにかまったりした雰囲気でしたね。動きがなくて、遠来から来た来館者としてはちょっと物足りなかったけど、まあ、そんな人間の都合押しつけてもね。

« 森田汐生著『「怒り」の上手な伝え方』感想 | トップページ | みちのく一人旅~男鹿水族館②~ »

動物園・水族館」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 森田汐生著『「怒り」の上手な伝え方』感想 | トップページ | みちのく一人旅~男鹿水族館②~ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ