最近のトラックバック

« リュドミラ・ウリツカヤ著『女が嘘をつくとき』感想 | トップページ | 新江ノ島水族館に行ってきました。 »

ドイツ・ブレーマーハフェン動物園でホッキョクグマ「ヴァレスカ」が双子を出産!

またもや朗報です。北ドイツの港町、ブレーマーハーフェン動物園Zoo am Meer Bremerhavenにいる「ヴァレスカValeska」が12月16日、双子を出産しました。ですが、そのうち1匹はすでに死亡したとのこと。生き残った赤ちゃんは現在のところ、健やかに育っているようです。この動物園では、1972年以来41年ぶりにホッキョクグマの出産があったとのこと。

Eisbaer132_vslideshow


Eisbaer136_vslideshow

≪ 産室の様子を伝えるビデオ ≫

(写真、ビデオとも Radio Bremen より)

ほんとうに、愛おしそうに赤ちゃんを抱いていますね。

動物園に隣接する広場では、毎年市民が爆竹を鳴らして年越しのお祝いをやるのですが、今年は育児中のヴェレスカを刺激しないように、中止するよう呼びかけています。

でもネットのコメントを読むと、「たかがホッキョクグマ1匹じゃないか。何千人もの人間の方が大事だろ…sollten Tausende von Menschen wichtiger sein, als EIN Eisbär.」なんて書いている人がいて驚きますね。

さて、2013年も終わろうとしています。今年もなんとか続けられてよかった~。
訪問していただいた方に感謝しつつ、来年も細々と続けていけたらと思います。

よいお年をお迎えください。

« リュドミラ・ウリツカヤ著『女が嘘をつくとき』感想 | トップページ | 新江ノ島水族館に行ってきました。 »

クヌート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リュドミラ・ウリツカヤ著『女が嘘をつくとき』感想 | トップページ | 新江ノ島水族館に行ってきました。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ