最近のトラックバック

« はるばる来たぜ函館(グルメ編) | トップページ | オルガ・トカルチュク著『逃亡派』感想 »

花菜ガーデンのバラ

バラが見ごろだというニュースを見て、平塚の花菜ガーデンに行ってきました。
今月いっぱい、土日は平塚駅から花菜ガーデンへの直行バスが出ているので、8時半の開園に合わせていったのにエライ人出でした。おまけにすごい暑さ。

Rimg1302

「三日月山」という花畑のポピーも見頃。まるでクリムトの絵のようでしたね。

Rimg1149

Rimg1151

「薔薇の轍(わだち)」と名づけられた薔薇園は、野生種から最新の品種まで約1,100品種1,600株の薔薇が植わっているとか。

Rimg1185


Rimg1189

Rimg1197

Rimg1214

見ごろと言っても開きかけた花が多かったので、盛りは過ぎたって感じかな。
それでもあんなにたくさんのバラを見られたのは眼福でした。

花菜ガーデンの開園を記念して作られた薔薇「花菜ローズ」

フルーツのような香りがします。

Rimg1256

「スイート・アフトン」をいろんなモードで。

普通モード

Rimg1221

トイカメラモード

Rimg1222

ソフトフォーカスモード

Rimg1223

椿の花のような絞りのバラ「センチメンタル」

Rimg1231

ブルー・ローズ(紫系のバラ)の「オンディーナ」

Rimg1243

いっそ「銀色」と言った方がよさそうな淡い紫の「志野」

Rimg1244

「風ぐるま迷図」のクレマチスもきれいでした。

Rimg1286



来年はもう少し 早い時期に来ようと思いました。

« はるばる来たぜ函館(グルメ編) | トップページ | オルガ・トカルチュク著『逃亡派』感想 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はるばる来たぜ函館(グルメ編) | トップページ | オルガ・トカルチュク著『逃亡派』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ