最近のトラックバック

« はるばる来たぜ函館(函館の夜景) | トップページ | はるばる来たぜ函館(グルメ編) »

はるばる来たぜ函館(松前の桜編) 

次の日は、函館からバスで2時間半のところにある、松前に桜を見に行きました。
 江戸時代に北前船での交易によって繁栄し、「松前の春は江戸にもない」と謳われたこの地は、今では桜の名所として有名です。

 松前城の周辺には約140種類、1万本の桜が植わっています。
染井吉野はもう終わっていましたが、八重桜が何種類も咲いていてとてもきれいでした。
松前を代表する品種「糸括(いとくくり)」や「関山(かんざん)」「南殿(なでん)」が見頃でしたね。
≪糸括≫
Rimg1027

≪関山≫

Rimg1039

≪南殿≫

Rimg1044

≪黄味がかった「鬱金(うこん)」≫

Rimg1046

« はるばる来たぜ函館(函館の夜景) | トップページ | はるばる来たぜ函館(グルメ編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はるばる来たぜ函館(函館の夜景) | トップページ | はるばる来たぜ函館(グルメ編) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ