最近のトラックバック

« カフェ プリムラの「おから100%クッキー」買ってみました。 | トップページ | ドイツ容赦なし!ブラジルを相手に7-1で勝利!決勝進出! »

DVD『ペコロスの母に会いに行く』感想

ここ2,3日、調子悪いな~と思ったら、どうやら冷房病(?)みたいでした。季節の変わり目でもあるしね。
体調が悪いと、口もきくのも億劫なほどパフォーマンスが落ちるので気をつけなきゃ。

さて、映画『ペコロスの母に会いに行く』のDVDがレンタルされていたので早速借りてきました。

認知症になり少しずついろんなことを忘れていく母、還暦を過ぎた(ハゲ茶瓶の)息子との日々をユーモアあふれる筆致で綴った4コマ漫画が原作ですが、原作の雰囲気が活かされていましたね。

母みつえさんは、本当は長崎の原爆の時に乳飲み子がいる年齢ですが、映画ではまだ10歳くらいの少女というふうに設定変更されていましたね。(そうしないと、映画での歳と合わなくなってくるからでしょうね。)
また幼馴染のちえこさんのエピソードがクローズアップされていて、映画では少女の時に奉公先の長崎で原爆に遭い、それから赤線地帯の女に身を落したという設定になっています。お互いに出した手紙が、それぞれの生きる支えになったというエピソード、泣けます。
母みつえの若いころを演じたのが原田貴和子さんで、ちえこさんを演じたのがその妹の原田知世さん。二人の共演は約20年ぶりだそうです。

若き日の父親役で加瀬亮さんが出ていましたが、なかなか色気のある俳優さんですね。
フェロモンムンムン系じゃなくて、内なる狂気を秘めている系というか。そもそも役柄が、酒乱で神経症を患っている男、というのもありますが。

オリジナルのキャラクターとしては、みつえの入居したグループホームの入居者の家族として、竹中直人さん演じる男性が出てくるんですが、キワモノすぎてちょっと作品から浮いていましたね。
でも竹中直人=キワモノのパターンは、はっきり言って見飽きたなぁ。普通の人役の普通の演技が見てみたいな。
ほかにも宇崎竜童さんとか、志茂田景樹さんなどがチョイ役で出演(?)しています。

クライマックスの長崎ランタンフェスティバルのシーンも幻想的で、過去と現在が行ったり来たりするこの作品をよりファンタスティックに見せていましたね。
ここに一青窈さんの書き下ろした主題歌『霞道(かすみじ)』が重なって、涙栓決壊・・・。

はっきり言って認知症といってもいろいろ症状の出方が違うし、家族の苦労も並大抵なものじゃないでしょう。でも、こんなふうに、笑ってられたら素敵でしょうね。

« カフェ プリムラの「おから100%クッキー」買ってみました。 | トップページ | ドイツ容赦なし!ブラジルを相手に7-1で勝利!決勝進出! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

祝! クローゼWM史上最多得点記録! 
(v^ー゜)ヤッタネ!!
やりましたね!クローゼ! ゲーム自体も7-1と信じられない様な結果でしたが、
とにかく決勝進出!
このままもう1つ2つ記録の更新を見てみたいものです。

yanoschさま、こんばんは。

なんだかこちらもウキウキしてしまうドイツ快進撃ですね!
決勝もクローゼ選手出るのかな?記録更新したらほんとにすごいですね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カフェ プリムラの「おから100%クッキー」買ってみました。 | トップページ | ドイツ容赦なし!ブラジルを相手に7-1で勝利!決勝進出! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ