最近のトラックバック

« DVD『こうのとり、たちずさんで』感想 | トップページ | DVD『永遠と一日』感想 »

DVD『ハンナ・アーレント』感想

誰からも敬愛される高名な哲学者から一転、世界中から激しいバッシングを浴びた女性がいる。彼女の名はハンナ・アーレント、第2次世界大戦中にナチスの強制収容所から脱出し、アメリカへ亡命したドイツ系ユダヤ人だ。

1960年代初頭、何百万ものユダヤ人を収容所へ移送したナチス戦犯アドルフ・アイヒマンが、逃亡先のアルゼンチンで逮捕された。アーレントは、その歴史的裁判の傍聴を希望し、イスラエルに飛ぶ。

「それが命令だったから」「私は命令に従っただけ」ひたすらそう語るアイヒマンに、想像とは違うアイヒマンに違和感を覚える。

収容所の生存者が次々と証言するが、アイヒマンが関係した事案以外の内容も含まれていた。そしてあることに気づく。ユダヤ人移送には、同胞であるユダヤ人指導者たちの関与もあったことを―――。

アーレントは「アイヒマンは反ユダヤではない」という結論を出した。
殺人機関の命令を執行したがユダヤ人に憎悪はない。移送先に貨車が発車したら任務完了。
彼は役人。
想像を絶する虐殺行為と彼の平凡さを、同列には語れない。

裁判傍聴を終えアメリカに帰ったアーレントだったが、なかなか書けなかった。ようやくのことでレポートを書き上げ、「ザ・ニューヨーカー」誌に発表するが、「アイヒマン擁護だ、ユダヤ人批判だ」と世界中から誹謗中傷を受ける。長年の友人にさえ理解されず、彼らは「傲慢だ」と離れていった。

こうしたヒステリックな反応に対して、ついにアーレントは講義の中で弁明を試みる。

「理解を試みるのと許しは別。」と映画の中で述べているように、アーレントが裁判を傍聴したのは、断罪や許すためではなく、アイヒマンを<理解>するため。
彼女自身、収容所から脱出した経験を持つ当事者であるにもかかわらず、そうした一切の葛藤や私情を排除した分析を行っている。

アーレントはアイヒマンをあくまで「どこにでもいる人物」とみなした。「悪の凡庸さ」、国家(あるいは組織)という枠組みの中で「思考停止」することの恐ろしさをレポートの中で伝えたかったのであって、ユダヤ人指導者のこともその事例として出したのだろう。

だから「アイヒマン擁護」という批難は彼女にとって的外れなことで、「そこ、論点と違うのに!」と戸惑う。

だが。

普通の人間はそこまで達観した視点を持ちえないもので。自分が、家族が、同胞たちが被害を受けたのならなおさら。
アイヒマンを良心もモラルもないモンスターとして断罪する方が、市民感情に合っているものなのだ。そして自分たちが理解できない「モンスター」として彼女を排除しようとする。

「上に逆らったって状況は変わらない。
抵抗したところで何も変わらない。仕方がなかった。
そういう時代だった。みなそんな世界観で教育されていた。」

アイヒマンは裁判の中でこう語ったが、ニュルンベルク裁判でも被告たちは同様のことを語っていた。

でもこういうのは、何もナチス・ドイツに限ったことではない。
この現代でも、日本でも、小さな会社の中でも、上からの命令に逆らえずに、理不尽と思えるようなことでも、その場の空気を読んで実行する人々がいる。「となりのアイヒマン」とでも言いたいくらい。

そして、異を唱える人、疑問を呈する人を全力で排除しようとするのだ。そこまでしなければ自分たちの共同体が壊れるとでもいうように。

『ハンナ・アーレント』は、自ら考えることの大切さを我々に訴えている。

公式ホームページ:http://www.cetera.co.jp/h_arendt/

« DVD『こうのとり、たちずさんで』感想 | トップページ | DVD『永遠と一日』感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DVD『こうのとり、たちずさんで』感想 | トップページ | DVD『永遠と一日』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ