最近のトラックバック

« 色彩セラピー講座、受講しました | トップページ | 大磯市(おおいそいち) »

岸見一郎・古賀史健著『嫌われる勇気』感想

フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称されるアルフレッド・アドラー。その思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話」という物語形式で紹介しています。欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。

世界はシンプル。自分がそれを複雑に考えているだけ。

「変わりたい、幸せになりたい」と願いながら変われずにいるのは、「新しい自分」の未来が予測できず不安だから、変わらずにいた方がいっそ楽だから。

すべての悩みは対人関係の悩みである。

「他人に認められたい」という承認欲求すら認めない。
他者からの評価を気にしてばかりでは、人は自由にはなれない。だから我々は他者から嫌われることを恐れてはならない。

他者は敵ではなくて仲間だと思う、共同体感覚を持て。そのためには、自分への執着を、他者への関心に切り替えていく。
承認欲求にとらわれている人は、結局は他者が自分にどのくらい注目してくれているのか、どのくらい自分の欲求を満たしてくれているのか、ということしか考えていない。

共同体感覚を持てるようになるために必要なのが、「自己受容」「他者信頼」「他者貢献」。

ありのままの「この私」を受け入れる。他者を信じるにあたって、一切の条件をつけない。
人は「誰かの役に立てている」と思えたときにだけ、自らの価値を実感することができる。実際に何かしなくてもいい。他者への貢献感=幸福と言っていい。

「いま、ここ」に強力なスポットライトを当てよ。すなわち、今できることを真剣に、かつ丁寧に行っていくことだ。

アドラー心理学を特徴づけるのが、「目的論」。人は過去の原因(たとえばトラウマなど)によって突き動かされるのではなく、いまの目的によって動いている。例えば、「ついカッとして怒鳴った」のではなく「怒鳴り声をあげるために怒りの感情をつくり出した」と考える。怒りの目的は大声で相手を威嚇して、屈服させることなのだと。

アドラー心理学では、トラウマを否定する。
もしも「過去の原因」がすべてを決定するのなら、我々は過去に縛られたままなにもできなくなってしまう。それに対してアドラーの目的論は、「過去になにがあったとしても、これからの人生になんの関係もない」と言う。

「哲人」と「青年」の対話というスタイルは、プラトン哲学の古典的な形式でもある、とのことですが、私はニーチェの『ツァラトゥストラはかく語りき』を想い起しましたね。
「人生は連続する刹那」という考え方が、ニーチェの「一切の価値の変換」とか「今この瞬間死んだとて悔いのない生き方をせよ!」という思想と重なるせいなのかもしれません。

血気盛んで、猜疑心が強く、呑み込みも悪い青年が、たびたび「ちょっと待って下さい!」と立ち止まり、課題の整理をしてくれるので、内容がとてもわかりやすいですね。

しかしそんな青年が、最後の最後で「僕にもそんなふうに考えられるでしょうか」と“改心”して、哲人のもとを希望を抱いて去る、という急展開には「アレ・・・」と置いてきぼりを食らった気がしましたけど。

でも、正直「またか」と思いましたね。
ありのままの自分を認め、無私の心で他者に尽くし、丁寧に生きる。そうすれば幸せになれる・・・なんて100万遍読んだ(←大げさ)。

私はいったい何を求めているのか・・・。

« 色彩セラピー講座、受講しました | トップページ | 大磯市(おおいそいち) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 色彩セラピー講座、受講しました | トップページ | 大磯市(おおいそいち) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ