最近のトラックバック

« 「ラ・メゾン アンソレイユターブル」のキャラメルとティラミスポワールのタルト | トップページ | 岸見一郎・古賀史健著『嫌われる勇気』感想 »

色彩セラピー講座、受講しました

人の心と色は密接に関わっている。ぬり絵をぬって、心の奥底に眠っている、言葉にならない思いを色を使って表現することで、心をリセットできる、ストレスをためない、癒される効果がある――というのが色彩セラピー。その体験講座を受講しました。

前半。

まずは、今の気持ちをぬり絵で表現します。

1人の人の周りにオーラを表す点線が幾重にも重なっている。
今日の体調、気分、オーラはどんな色かを想像して塗ってみましょう、というもの。
線のとおりに書かなくてもいいし、いろいろ書き加えてもよい。
例えば肩が凝っているな~、と思ったら肩だけ青く塗ってみたり。

それに続いて、「ストレス」「元気」「安心」など、気持ちを表す言葉が書かれたワークシートに、その言葉に対して自分がイメージする色を塗る。

特にボディの部分のことで思い浮かぶことがなかったので、普通に肌色に、髪を焦げ茶に塗ってみました。
それから、何色も並んだクレヨンを見て、印象に残った色を、順番に内側から塗ってみました。

体に一番近い色から、カーキ色、鶯色、水色、紫がかった水色、ターコイズに近い水色。その他に書き加えたものはなし。全体的に淡い色彩。強い色は、今の自分には重すぎると感じました。

2つの塗り絵を見た結果。

全体的に青いので、「リラックスした感じ?」と言われましたが、それどころか、「左遷されて、職場での人間関係も、みんなから距離をおかれているような状況ですよ。」
自分で言ってて涙がこぼれました。

カーキ色はストレスの色としている。ストレスに包まれている。

青系は、内省的。グレーに紺を重ねて「悲しみ」を表現した私は、悲しく、さみしく思っている・・・のか?

そのほかの人の絵を見ながら、講師の方が解説した内容は、こんな感じでした。

虹色・・・いろいろやりたいことがいっぱいある状態。
     人生の転機を迎えている。

暖色・・・外交的
寒色・・・内向的

グリーン・・・ニュートラル。不安と喜びを調整している。

赤・・・アクティブ

手を赤く塗る・・・何かを手に入れたいと言う気持ち

反対色、対比配色・・・周りの人と引き立て合う関係

花+大きな木・・・回復傾向にある。

ボディの部分の色が抜ける・・・自分の色【価値】を決め兼ねている。

紫・・・回復期、癒しを求めている

後半。

ぬり絵をして、無意識のうちに感じていた感情を「色」として意識にあげていく。
そして次に、心を、感情を循環させる手順ということで、2種類の塗り絵を塗りました。

ファーストステップ・・・「トゲトゲ」「稲妻」など、不穏なイメージの絵を塗り、「今の気持ち」を表現する。すっきりするまで、何枚でも塗ってもいい。

セカンドステップ・・・ストレス、今の気持ちを吐き出した後、「降り注ぐ花びら」などの明るいモチーフの絵を塗る。

○ ファーストステップ・・・「トゲトゲ」の塗り絵

真ん中の金平糖みたいなトゲトゲのある塊から、欠片が放射線状に飛んでいる。

真ん中をダークグリーンとダークブルーで。飛び散る欠片を赤【怒り】、黄色【稲妻】、ダーグブルー【悲しみ】で力強く、というか乱暴に塗ってみた。

この絵を見て、講師は「なんで私を左遷したんだ、って怒っているんですね」と見抜かれてしまいましたよ。

セカンドステップ・・・「愛の花びらの塗り絵」
 
「花びらはあなたに降り注いでいる?それともあなたから溢れている?」とのコメントあり。

花びらを赤・紫・ピンクで塗っていたが、どうもしっくりこなくて緑色でぬりつぶしました。

感情らしい感情がなくなって、心が動かなくなってきたと思っていたのですが、アートセラピーをしてみて、今でもやはり怒りを克服できていない、ということが分かったのが収穫でしたね。

ぬり絵、続けてみようかしら・・・。

参考図書:『心を元気にする色彩セラピー』

« 「ラ・メゾン アンソレイユターブル」のキャラメルとティラミスポワールのタルト | トップページ | 岸見一郎・古賀史健著『嫌われる勇気』感想 »

日常のちゃめしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ラ・メゾン アンソレイユターブル」のキャラメルとティラミスポワールのタルト | トップページ | 岸見一郎・古賀史健著『嫌われる勇気』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ