最近のトラックバック

« FLOのバケットシュトーレン | トップページ | 新作ニット:手紡ぎ毛糸のベスト(編み直し) »

しんかい2000、恒例!公開整備

12月28日、新江ノ島水族館にて「しんかい2000」の公開整備があるというので行ってきました!
今回で5回目で、予定では10回かけて現役当時の姿に戻していくそうです。

今回装着したのは、CTFM(前方監視ソナー)(←手前)と船尾につけるランプ(手に持っている棒状のもの)。

Rimg1803

≪外殻を取り付ける作業≫

Rimg1800

≪ソナー装着風景≫

Rimg1807

≪船尾のランプ(取り付け後)≫

Rimg1813



整備チームの方々が取り付けしている間は、質問タイム。
小学生男子から、「ご飯はどこで食べるんですか?」
コックピット(耐圧殻)の中で食べるんですが、食べるのは、おにぎりかサンドイッチだそうです。
以前JAMSTECのコックさんがお弁当を作ってくれていたそうですが、いろいろ注文をつけた研究者がいたので、それになったとか。

「しんかい2000」1981年の建造ですが、当時で38億円かかったとか。ちなみに後継機の「しんかい6500」(1989年建造、今年で25周年)は120億で、その半分は開発費だったそうですよ。

また、潜水艦のパイロットになるにはどんな資格が?という質問が出ましたが、実のところ、日本には(現役の)潜水艦は一機しかないわけだし、
資格なんかないそうです。
元パイロットの人たちも小型船舶1級しか持っていないとか。
資格はなくてあたりまえか・・・!目からウロコでした。

1万メートル潜れる潜水艦を造ることは可能か、という質問も出ましたが、今の技術でも可能と言えば可能だが、ものすごく大きなものになってしまうので、動き回って探査できない。新しい技術の開発が必要とのことでした。

そんなこんなで1時間半ほどで整備終了。また来年夏を予定しているそうです。

その後は、水族館内を一巡り。

オガちゃん&ワカちゃん。どっちがどっちだかわかりませんが・・・。あまり激しくやり合っているのでケンカしているみたいに見えますが、
オガちゃんはワカちゃんが大好きなので、いつも追いかけまわしているそうです。
よかったね~、お嫁さん(候補)と仲良くなれて。

Rimg1829




映画『海月姫』(能年玲奈主演のオタク女子がヒロインの映画)の撮影に協力したということで、えのすいはひたすらクラゲ推し!原画展なども開催中でしたが私はやはり、深海生物!

≪いつもと変わらないオオグソクムシ≫

Rimg1820

≪やっぱり変わらないダイオウグソクムシ≫

Rimg1822_2







ウィンナーに切れ目を入れて、グソクムシにするのが流行っているみたいで、
(タコさんウィンナーの応用編ですね。)、ガチャガチャにグソクムシウィンナーのストラップがあったから衝動買いしてしまいましたよ。
ああ、使い道ないのに・・・。

Ca3i0328



買った当初から調子が悪かったデジカメが、とうとうレンズが戻らなくなるという状態に。修理出すより新しいのを買った方が安上がりだろうな・・・。

Ca3i0330


« FLOのバケットシュトーレン | トップページ | 新作ニット:手紡ぎ毛糸のベスト(編み直し) »

動物園・水族館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FLOのバケットシュトーレン | トップページ | 新作ニット:手紡ぎ毛糸のベスト(編み直し) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ