最近のトラックバック

« 長崎は今日も雨だった③~長崎旅行・長崎ランタンフェスティバルその2~ | トップページ | 長崎は今日も雨だった⑤~長崎旅行・大浦天主堂~ »

長崎は今日も雨だった④~長崎旅行・浦上周辺~

長崎2日目。この日は、「ザ・長崎」な定番の観光名所を巡りました。午前中は曇りでした。

まず路面電車(長崎電気軌道)の松山電停(「駅」じゃなくて「電停」というのがレトロな雰囲気)を降りると、信号を渡った目の前に平和公園へのエスカレーターが見えます。

Img_0177

上って少しいくと、あの「平和祈念像」があります。

Img_0180

高さ9.7メートル、重さ30トン、青銅製。制作者は、長崎出身の彫刻家の北村西望(きたむら せいぼう)氏。
氏はこの像を、神の愛と仏の慈悲を象徴とし、天を指した右手は“原爆の脅威”を、水平に伸ばした左手は“平和”を、軽く閉じた瞼は“原爆犠牲者の冥福を祈る”という想いを込めたとのことです。

平和公園から浦上天主堂がよく見えます。

Img_0182


浦上天主堂は1914年に建てられ、1925年には双塔が造られました。その高さ26m、東洋一の壮大さを誇っていました。

内部は見ることができますが、信者ではない人は奥まで入ることはできません。もちろん写真撮影も禁止です。

前庭に原爆で破損した聖人像。(おそらくキリストと聖母マリアと・・・頭を吹き飛ばされたのは、誰でしょうか。)

Img_0184


足元に狛犬がいるのが何とも不思議。

Img_0185


この日はこれから結婚式があったみたいで、新郎新婦が記念写真を撮ったりしていましたね。

それから、原爆資料館に移動。

爆心地に近かった浦上天主堂はほぼ全壊し、今ある建物は再建されたものですが、被災した当時の天使像やロザリオ、被爆した天主堂の側壁の再現模型などがこちらに展示されています。

そういえば長崎に原爆を落とされていたことはもちろん知っていましたが、「なぜ」なのかは知らなかったような気がする。

三菱の造船所や製鋼所、兵器工場が集まっていた場所だったからなんですね。

それと、空襲の被害をあまり受けていなくて、原爆の威力を調べるのに都合がよかったから、とも言われているようですね。

どのくらいの人が犠牲になったのかというと、1945年12月までで死者73,884人、負傷者74,909人と推定されています。

長崎に落とされた原子力爆弾の模型。通称「ファットマン」。

Img_0188

以前、広島の原爆資料館で「展示が生々しすぎる、残酷すぎる」と話題になりましたが、それを配慮したのかどうかわかりませんが、それほどショッキングが展示はありませんでした。

原爆資料館では、戦後の核兵器の状況についての展示や問題提起などを通して、核兵器のない世界をめざしてします。

Img_0189

« 長崎は今日も雨だった③~長崎旅行・長崎ランタンフェスティバルその2~ | トップページ | 長崎は今日も雨だった⑤~長崎旅行・大浦天主堂~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長崎は今日も雨だった③~長崎旅行・長崎ランタンフェスティバルその2~ | トップページ | 長崎は今日も雨だった⑤~長崎旅行・大浦天主堂~ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ