最近のトラックバック

« m.soeurのアクセサリー 11個目 とマンゴーのタルト | トップページ | ガクアジサイ »

ヨナス・ヨナソン著『窓から逃げた100歳老人』感想

100歳の誕生日パーティーを目前に、着の身着のまま老人ホームの窓から逃げ出したアラン。お酒(とくにウオッカ!)が大好き、宗教と政治が大嫌い。
ひょんなことから手にした大金入りスーツケースをめぐってギャングや警察に追われることとなり、途中で知り合ったひと癖もふた癖もあるおかしな仲間とともに珍道中を繰り広げる。

で、この珍道中の合間にアランの身の上話が挿入される構成。
鋳造所で爆発物の専門家として働いていたが、同僚に誘われ革命真っ只中のスペインへ。そこで共和軍に捕まり橋の爆破を命じられていたが、ある日爆破に巻き込まれるのを助けてやった男が、実はフランコ将軍で・・・。
その後アメリカに渡り原爆の開発に悩むオッペンハイマーにアドバイスしたり、それがきっかけでトルーマン大統領と酒を酌み交わす仲になったり、と「歴史の陰にアランあり」てな具合に、ツッコミどころ満載の、相当ハチャメチャなコメディです。

主人公が歴史的エピソードと絡む、というのは『フォレスト・ガンプ』みたいですよね。

100歳の今まで成り行き任せで生きてきたアラン。何事にも動ぜず、自分を追ってきたギャングの一味が死んでも気にしない。
それどころかギャングの親玉とも仲良くなっちゃって、大金を山分けして一緒にバリにヴァカンスへ・・・なんて、荒唐無稽もいいところ。

「誘拐事件+殺人事件!?」として追ってきた警察への言い訳というか誤魔化し方が、無理がありすぎる!でも面白い!

元気高齢者の活躍に心から笑えます。

紹介ページ:
http://www.nishimurashoten.co.jp/pub/details/403_706.html

映画『100歳の華麗なる冒険』
http://www.100sai-movie.jp/

« m.soeurのアクセサリー 11個目 とマンゴーのタルト | トップページ | ガクアジサイ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

またしてもご無沙汰です。
元気高齢者の話、国民の4人に1人が65歳以上となった日本では笑って済む話ではなくなりつつありますね。
「65歳からが高齢者」と言うくくりも考え直すような話も出てきているようですし。
ところで、ミッドタウン(でしたかね?)の「サモトラケのニケ」像!立体を仕事としてる私には、「ミロのヴィーナス」よりも造形的に素晴らしいと思うのです。一度現物を見に行かねばとは思うのですが、なかなか、、、。

yanoschさま、お久しぶりです!

ブログ記事、書きっぱなしで見直してなくて、コメントに気がつかなくてごめんなさい!


元気高齢者の話ですが、この前、齢86歳でiPhone使いこなしてブログやってるって方にお会いしましたよ。
あと20数年すれば私も65歳の「高齢者」になりますが、「高齢者」の実感ないな~。今80歳、90歳が当たり前にいますからね。

ニケの本物があるのは、フランスか。ちょっとおいそれといけませんね・・・。
そういえばミッドタウンのそばに、アルザス名物フラムクーヘンを出すお店を発見しました。そのうちチャレンジしてレポートしますね。

おお、今日はちょうど6月17日ではないですか。
ベルリンで暴動が起きて鎮圧されて多数の死者が出た日ですね。

すっかりベルリンから遠ざかった私・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« m.soeurのアクセサリー 11個目 とマンゴーのタルト | トップページ | ガクアジサイ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ