最近のトラックバック

« ガクアジサイ | トップページ | フェルディナント・フォン・シーラッハ著『禁忌』感想 »

「河鍋暁斎」展感想

今日は東京に行く用事があったので、ついでにおいしいもの食べて
美術館にでも行って・・・というプランをたてました。

そうか、世間はもうバーゲンが始まっていたんですね~。しかしここはぐっと我慢で(すでにいろいろ買っちゃっているし)。

丸ビルの5階の、東京駅の見えるベトナム・フレンチのレストラン「カサブランカ・シルク」で優雅にランチ。コロニアル風のホテルのような雰囲気でゆったりしているし、リーズナブルなお値段だし、穴場かも。

Img_0530_640x480



Img_0531_640x480


Img_0532_640x480


Img_0534_640x480

食後は、三菱一号館美術館の「河鍋暁斎」展へ。

河鍋暁斎は、幕末明治に「画鬼」と称された人気絵師。正統的な狩野派の
作品から戯画まで、国内外の名作約120点が展示されています。

「惺々狂斎(せいせいきょうさい)」と名乗っていたころの作品。化け猫伝説を描いた戯画『惺々狂斎画帖(三)』(これは後期のみの展示です)

509_m_zpsa5f62b20

三菱一号館などを設計し、日本の近代建築に大いに貢献したジョサイア・コンドルは彼の晩年の弟子だそうで、コンドルの描いた日本画も展示されていました。
当時50代の暁斎と、20代のコンドル。暁斎はコンドルのことを「コンテエル君」と呼びかわいがったというし、コンドルは日本画を習うのに相場より高い授業料を払い、パトロン的な役割を担ってたと言われています。
その集大成と言えるのが「大和美人図屏風絵」です。暁斎はコンドルの目の前で、あらゆる技法を駆使して描いたと言われています。

Kyosai_06


メトロポリタン美術館の所蔵品からも、水墨画のコレクションがまとまって展示されています。晩年の作品ということですが、大胆な構図に驚かされます。これは下絵も展示されているので、より興味深い。

しかしな~、特設サイトのテーマカラーのネオンピンク、「狂っていたのは、俺か、時代か?」という煽り文句がムダにどぎついんですが。

確かに動物画や戯画が多く、変わったところでは春画の展
示もありましたが、

狩野派の絵師として、正統派の渋い、面白い展示でしたね。

内容に合っていない煽り文句は、かえって本質を損なうものだと思いましたね。

≪薔薇が咲き乱れる三菱一号館美術館の庭≫

Img_0542_640x479

http://mimt.jp/kyosai/

« ガクアジサイ | トップページ | フェルディナント・フォン・シーラッハ著『禁忌』感想 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガクアジサイ | トップページ | フェルディナント・フォン・シーラッハ著『禁忌』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ