最近のトラックバック

« m.soeurのアクセサリー 14個目 とハロウィンのタルト | トップページ | ミハエル・ネグリン(グリーン×ヴィトレイユカラーの螺旋リング) »

『しろくまミルク』

あのミルク姫の本、ふたたび!
生まれ育った男鹿水族館GAOから、釧路市動物園に旅立ったホッキョクグマの女の子「ミルク」。
釧路市動物園はブログとかGAOほど熱心にはやっていないようなので、あまりその後の様子を知ることはありませんでしたが、なんだ、元気にやっているじゃないの~。


まるで中に人が入っているかのような美しい立ち姿や、ポリタンクや筒を使って多彩に遊ぶミルク。それがテレビやネットで話題となり、今回の書籍化につながったようです。

いつも真っ白で「黒クマ」になっている写真がないわ~と思ったら、釧路にはチップがないみたいですね。
写真にそれぞれ、ミルクの独り言のような吹き出しがついています。まあこれはなくてもよかったかな。

久しぶりに釧路市動物園のHPを見にいったら、「ミルクが三角コーンを食いちぎってケガするところだったので、この先使用を中止します」とのニュースが。

姫・・・元気なのにもほどがあります。


ところで、この釧路市動物園にはメスの「ツヨシ」もいます。2003年生まれということなので、今12歳。早くお婿さんを見つけて、子どもを産んで、ってしなきゃならないのに・・・。

一方、ヨーロッパでは男余りの状態。
これってどうにかならないんでしょうかね~。

« m.soeurのアクセサリー 14個目 とハロウィンのタルト | トップページ | ミハエル・ネグリン(グリーン×ヴィトレイユカラーの螺旋リング) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« m.soeurのアクセサリー 14個目 とハロウィンのタルト | トップページ | ミハエル・ネグリン(グリーン×ヴィトレイユカラーの螺旋リング) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ