最近のトラックバック

« m.soeurのアクセサリー 15個目 | トップページ | フランツ=オリヴィエ・ジズベール著『105歳の料理人ローズの愛と笑いと復讐』 »

ハラルト・ギルバース著『ゲルマニア』

今まで、ナチス・ドイツ時代のことを取り上げた作品は、おおむねドイツの戦争責任や、ホロコーストを扱っていましたが、ここ最近、違う角度から取り上げている作品が増えている印象を受けます。それも、エンターテインメントとして。


「1944年ベルリン。ユダヤ人の元敏腕刑事オッペンハイマーは突然ナチス親衛隊に連行され、女性の猟奇殺人事件の捜査を命じられる。断れば即ち死、だがもし事件を解決したとしても命の保証はない。これは賭けだ。彼は決意を胸に、捜査へ乗り出した…。連日の空襲、ナチの恐怖政治。すべてが異常なこの街で、オッペンハイマーは生き延びる道を見つけられるのか?ドイツ推理作家協会賞新人賞受賞作。」
(Amazon.jpより)

…この話、ナチス・ドイツ時代でやる必要があったか?というのが正直な感想。
レーベンスボルン「生命の泉」やサロン・キティ・・・この時代きってのスキャンダラスなネタではあるが、本筋とはあまり関係なし。取って付けた感がありましたね。

連日の空襲、ノルマンディーに連合軍が上陸する、という戦況にあって、ナチス高官の命令とはいえ、猟奇殺人事件を捜査させる、というのがなんとも不合理というか。ゲッペルス自ら「この事件を解決せよ。」とユダヤ人に命を下す、というのがなんとも・・・。

そこまでして捜査させる事件が、どれほどのナチスの秘密や陰謀に絡んでいるのかと思いきや、その辺の説明は一切なし。

読者にしてみれば、消化不良というか、設定を活かしきれていない、という印象でしたね。

ただ、ユダヤ人警部とSS将校の関係というか「バディ」要素が、一部の婦女子の間で注目されているようですよ(笑)。

« m.soeurのアクセサリー 15個目 | トップページ | フランツ=オリヴィエ・ジズベール著『105歳の料理人ローズの愛と笑いと復讐』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« m.soeurのアクセサリー 15個目 | トップページ | フランツ=オリヴィエ・ジズベール著『105歳の料理人ローズの愛と笑いと復讐』 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ