最近のトラックバック

« cui cui の淡水パールのネックレスとヘアバレッタ | トップページ | 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』感想 »

高野ひと深『私の少年』感想

ちょっと前、ネットで話題になっていましたが、本屋で見かけてつい衝動買いしてしまいました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

私の少年 1-2巻セット
価格:1339円(税込、送料無料) (2016/12/17時点)


30歳のOL・聡子は、ひょんなことから、夜の公園でサッカーの練習をしていた12歳の少年・真修(ましゅう)にサッカーを教えることになった。
少女と見紛うほどの美しさながら、いつも寂しそうな真修に、聡子は惹かれていく。その感情が母性なのか、何なのか分からないまま。

性別を逆転すれば、確実にアウトな設定(30男と小6の美少女だったら・・・)だし、見る人によってはこれだってイカンと思うだろう。
でもよくわかる(気がする)。

真修は母親を亡くしていて、父親も仕事で忙しくネグレクト気味なので、親身になってくれる大人の聡子になつくのは当然。
では聡子の方は?

回転寿司やプールに連れて行ってやったり、サッカーの練習の送り迎えを買ってでたり。
真修の弟の行方不明騒ぎで一緒に走り回ってやったり。
「真修には、すきなものでぎゅうぎゅうになってほしい」
という聡子のセリフがありますが、

幸せになってほしい。そうはいっても、家族でも何でもない、「他人」に過ぎない聡子は、真修にそれ以上のことはできない。そのもどかしさ。
聡子は、同じ職場の椎川とは学生の頃にきっちり1年付き合って別れた過去があり、その傷を今もひきずっている。(またこの椎川というのが、何を考えているのか、婚約者がいるのに聡子にチョッカイ出してくる。)

母親とも何らかの確執がありそうだ。
日々を何気なく過ごしていても、ふとした瞬間に、心が「寂しい」と悲鳴を上げていることに、
溺れんばかりの愛情を注ぐ相手を求めていたことに気づいてしまった。
そういう聡子の戸惑いが丁寧に描かれています。
聡子の感情に、あえて名前を付けるとしたら、「憐憫」とか「庇護」・・・もっと簡単に、「守りたい」かなあ。
真修がともかくいじらしい。真修の汚れなさに、つい手を差し伸べずにはいられない感じ。

「ショタ」を前面に出してこない繊細な絵柄もよい。
(巻末のおまけ漫画によると、筋金入りのショタコンの担当さんの「もっと美しく・・・!」というチェックが厳しいらしい。)

現在第2巻まで発売中ですが、この先が楽しみな漫画です。

…現実問題、男の子を餌付けして懐かせるってありえないし、だから猫を飼う独身女性が多いのかなぁ、と思ってみたり。(←爆弾発言)

« cui cui の淡水パールのネックレスとヘアバレッタ | トップページ | 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

Grüß Gott! ざっくりとした感想ですが、逆光源氏の様ですなぁ。ちょっとちゃうか?幼稚園児の頃から年上趣味の私には、なかなか解り辛い話ですが、愛情のやりきれなさの話は以前から私のウイークポイントなので、読んでみると、はまるかも。

yanoschさま、こんばんは!

年上趣味の幼児ですって、おませさんだったんですねぇ。

それはともかく、これで真修が中高生だったら、この話は成り立ってないと思いますね。生々しすぎて。
30歳という聡子の年齢もシビアすぎるし。
12歳と30歳という、この簡単にはエロスに転ばない距離感がいいんですよ。
逆源氏は・・・ちょっと違うなやっぱり。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« cui cui の淡水パールのネックレスとヘアバレッタ | トップページ | 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』感想 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ