最近のトラックバック

« ドイツの流行語大賞 Wort des Jahres 2017 | トップページ | 花とペンギン »

DVD『ミケランジェロ・プロジェクト』感想

私がベルギーへ行く、と聞いて「ベルギーが出てくる映画がありますよ」とオススメされたのがこれ。
第2次世界大戦中、ナチス・ドイツに略奪された美術品を奪還した、アメリカの特殊部隊「モニュメンツ・メン」の活躍を描いた映画。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミケランジェロ・プロジェクト【Blu-ray】 [ マット・デイモン ]
価格:3321円(税込、送料無料) (2018/2/11時点)



1943年、ナチス・ドイツが侵攻を進める地域では、貴重な美術品が強奪され、ヒトラーやその側近の手に渡っていた。戦火に合い破壊される美術品も数知れず、さらにはドイツが撤退する際には美術品を故意に破壊してしまうため、ヨーロッパでは多くの文化財が失われていた。


この事態を重く見たハーバード大学付属美術館長のストークスは、ルーズベルト大統領に美術品の救済を直訴する。しかし、大統領からは人手不足を理由に、ストークス本人が戦線に向かうよう指示される。

1944年3月、ストークスは6人の美術専門家を招集し、美術品救出作戦を行う特殊部隊「モニュメンツ・メン」を結成。まずは軍事訓練と作戦会議を兼ねて、イギリスの英軍基地へ向かう。そこで新たなる仲間を得て、人数は7人となった。

7月、「モニュメンツ・メン」チームはフランス・ノルマンディへ上陸した。現地では理解のない将校たちの協力は得られなかったが、それでも略奪された美術品をの行方を追って、手分けしてヨーロッパの各地をかけ回った。
メンバーの一人、ジェフリーズは幼いころ住んでいたブリュージュに飛び、聖母子像を守ろうとするが、目の前でナチスに奪われ、殺される。

パリで美術品の強奪を指揮する親衛隊士官・シュタールに対し、その秘書クレールは嫌悪感を抱いていた。彼女は忠実な秘書を演じながらも、彼らが握る美術品の行方に目を光らせていた。
しかし連合軍は今にもパリに迫ってきており、シュタールは美術品ともにパリから脱出する。

メンバーのグレンジャーは、パリの知人の美術館長に会い、「美術品の行方を知りたければ、クレールに会え」とアドバイスされる。

一方、ドイツの敗戦が間近に迫るにつれて、ヒトラーが美術品を含めた全てのものの破壊を命じる「ネロ指令」を発令。
ソ連軍も、「奪還」を口実に美術品を略奪していたので、チームは美術品の捜索をなおさら急ぐ必要があった。

親衛隊から押収した地図上の、印がついている地名には鉱山や炭鉱があることに気づいたチームは、坑内に隠されていると予測を立てる。その予測どおり各地の坑内からは、何千点もの略奪美術品が見つかり、中には金塊もあった。


ジェフリーズが命を懸けたブリュージュの聖母子像や、ヘントの祭壇画も、アルトアウスゼーの岩塩坑で見つかった。

アメリカによる略奪を警戒していたクレールだったが、杞憂だったことがわかると、さらに詳しい情報を提供してくれた。

こうして、メンバー二人の犠牲はあったけれども、何万点もの美術品が取り戻されたのだった。

ロバート・M・エドゼル著『ナチ略奪美術品を救え─特殊部隊「モニュメンツ・メン」の戦争』を原作として映画化。映画化にあたって設定を変えた部分もある(メンバーが7人しかいないとか)らしいですが、ほぼ実話だそうです。

彼らの活躍がなければ、フェルメールやミケランジェロなどの大量の芸術作品が失われていたかもしれないなんて、ほんと信じられない・・・・。
圧巻は、迫りくるソ連の鼻先で略奪美術品を掠め取るアルトアウスゼーの場面。撤収寸前にブリュージュの聖母子発見!となったときには、ストークスでなくとも言葉がでなくなりそう。
ヘントやブリュージュに実物を見に行きたくなりました。



とはいえ、こんな面白い題材にもかかわらず、映画としては微妙、というかちょっとテンポが悪かったかな~、と。
多少はつやっぽい場面を、ということでしょうが、クレールがグレンジャーを誘惑するシーンなんていらないから!
手に汗握るアクションを多めに、もっとメリハリがあったらよかった。

ソ連の方にも奪われた美術品があり、そちらのほうは持ち主に返還された話もないようだし、その全貌すらまだわかっていないんですよね。
ソ連側のドキュメンタリーとかあったら面白そうですね。

« ドイツの流行語大賞 Wort des Jahres 2017 | トップページ | 花とペンギン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツの流行語大賞 Wort des Jahres 2017 | トップページ | 花とペンギン »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ