最近のトラックバック

« マレーシアに行ってきました(6)クアラルンプール飯 | トップページ | マレーシアに行ってきました(8)クアラルンプールのホテル »

マレーシアに行ってきました(7)~トイレ事情~

旅先で覚えておかなければならないただ一つの言葉、それは現地語の「トイレ」。

マレーシアでは、tandas(タンダス)と言います。

 

初めてのマレーシア、楽しかったんですが、最後まで慣れなかったのがトイレ事情。

まず、空港のトイレに入ったのですが、床が水浸し。

洋式、イスラム式問わず、便器の脇に細いホース(写真の左下)のようなものがある。

トイレットペーパーが備え付けていないところもある。

Dscf4024


どこに行ってもそうなのでネットで調べたら、

どうもマレーシアでは紙で拭く習慣がなくて、そのホースの水で洗い流すみたいなんですね。

だからどこも、トイレットペーパーがなくて、床は水浸しで・・・。

ティッシュ持ち歩いててよかったと心から思いましたよ。(持っていないときもあるから)

空港とかバスターミナルとか公共施設では、トイレの入口とかに備え付けてあるので、それを必要な分だけ取って個室に入るようです。


そしてこのほかに、イスラム式トイレの特徴としては、

・いわゆる「金かくし」がない。

・座るときはドアの方を向いて座る

(2番目の方は、後から知ったのですが、道理で使いにくいと思った・・・。)


クアラルンプールで泊まったのは、ウェスティンでしたが、洋式トイレでしたがそこでもホースがついていましたね。(さすがに床はびしょびしょではなかったのですが。)


ブツが飛び散っているんじゃないか、とか、感染症とかどうなのよ・・・とは思いますが、宗教上の理由があるんでしょうね。

この国でなんでウォシュレットが普及しないのか、理由がわからない。

 

事前に旅行記とか読みましたが、全然そんな話見たことなかったよ!と思ったので記事にしてみました。心の準備ができると思って・・・。

« マレーシアに行ってきました(6)クアラルンプール飯 | トップページ | マレーシアに行ってきました(8)クアラルンプールのホテル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マレーシアに行ってきました(6)クアラルンプール飯 | トップページ | マレーシアに行ってきました(8)クアラルンプールのホテル »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ