最近のトラックバック

« 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』感想 | トップページ | 映画『パラサイト』感想 »

ヨゲンノトリ

スーパーに行ったら、「疫病退散」のポップのもとに、こんなお菓子が。

Dscf5012


白い頭と黒い頭の双頭のカラスのような鳥。これが「ヨゲンノトリ」だそうです。

説明書きによると、

江戸末期、市川村(現・山梨県山梨市)の名主・喜左衛門が記した「暴瀉病流行日記」(コレラの大流行、惨事が記述されている)によると、加賀国(石川県)に双頭の不思議な鳥が現れ、「われらの姿を朝夕に仰ぎ、信心するものは必ずその難を逃れることができるであろう」と伝えたとされています。

「われら」と言っているってことは、頭はそれぞれ別人格(?)なんだ・・・。
石川県の話が山梨に伝わるってことは、行き来できる街道とかあったのかな?

アマビエ同様、疫病除けの動物、というか空想上の生き物がいて、それにあやかって作られたお守りお菓子のようですね。

中身は、黒頭が黒蜜ゼリーで、白頭がレモンクリームゼリーでした。甘くておいしかったですよ。

Dscf5014

ちなみにこの「ヨゲンノトリ」の絵は、山梨県立博物館の所蔵品だそうです。

 

 

« 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』感想 | トップページ | 映画『パラサイト』感想 »

日常のちゃめしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』感想 | トップページ | 映画『パラサイト』感想 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ