« 映画『パラサイト』感想 | トップページ | ドイツ映画『美女と野獣』感想 »

映画『コーヒーをめぐる冒険』感想

邦題だけ見ると、コーヒー談義を繰り広げながら幻のコーヒーを追い求めるロードムービーのようだが、全然違う。

 


 

 

ガールフレンドの家で一晩過ごしたニコは、約束があるから、と彼女が勧めるコーヒーも飲まずに家に戻る。

途中でカフェに寄るが、手持ちの小銭では払えずに店を出てしまう。

慌ててクレジットカードでお金をおろそうとするが、ATMが故障していたのか飲み込まれたまま出てこなかった。困ったニコは父親に電話するが、つながらなかった。

自宅に戻ると、上の階に住む男が妻が作ったというミートボールと酒を手土産に挨拶にやってくる。

飲酒運転のために警察に出向いたニコだが、プライベートにまで踏み込む質問をする心理学者に言い返し、免停になってしまう。

友人のマッツェとともにカフェに寄り、コーヒーを頼むが、コーヒーマシーンが故障中で水を頼むしかなくなる。
そのカフェで女性に声をかけられたが、思い出せない。
その女性・ユリカは9年生のときのクラスメートで、当時非常に太っていて、そしてニコのことが好きだったという。途中で全寮制の学校に転校していた。
今は舞台に出ている、といってその夜の舞台に招待してくれた。

彼の友人の役者が出る映画のロケ先を訪ねる。休憩場所でコーヒーを飲もうとするが、ポットは空だった。

折り返し電話してきた父親に誘われ、ゴルフ場で一緒にプレーをする。プレー後、将来のことを聞かれ、「来年には卒業する」と答えるが、父親は、息子が大学を辞めたことはとっくに承知だった。にもかかわらず黙って仕送りを受け続ける息子に腹を立て、「仕送りは停止する、仕事しろ」と言い渡す。

ニコとマッツェは、遅刻してユリカの舞台に行く。
打ち上げパーティに参加するが、マッツェと演出家で口論が始まる。
外に出たニコとユリカは語り合うが、酔っ払いに絡まれ、かばったニコは殴られてしまう。
介抱するうちに気持ちの高ぶったユリカはニコに身を寄せるが、途中でニコが「やめようよ、過去の清算みたいで・・・」と言った途端にユリカは激高し、ニコに帰るように言う。

バーに立ち寄ったニコはコーヒーを頼むが、マシンを洗った後だということで断られてしまう。
そこへ一人の老人がやってきてニコに酒をおごる。

俺はベルリンの生まれだが、60年ぶりに戻ってきたんだ・・・
子どものころ、「ハイル・ヒトラー」って挨拶させられてたよ
この通りで自転車の練習をしたものさ
ある晩、父親がこの店の前に連れてきて石を投げろというんだ
窓ガラスが地面に散乱して、俺は泣きだした
これでは自転車の練習ができないって・・・

これだけ言うと老人は店の外に出たが、次の瞬間路上で倒れた。
成り行きで救急病院に付き添ったニコ。
自販機でコーヒーを買おうとするが、故障中だった。
翌朝目覚めたら老人は亡くなっていた。身寄りがなくて、下の名はフリードリヒ。
彼についてそれだけしか知らない・・・。

病院をあとにしたニコはカフェに入り、コーヒーを飲む。

 

原題は「oh boy」。「なんてこった、ついていない」というニュアンスの言葉ですが、

コーヒーを飲もうとして、トラブルやらなにかで邪魔が入ってなかなか飲めない、そんなついていない一日の物語でした。


最後に出てきた老人が語るのは、1938年11月9日の「水晶の夜」のことでしょう。ドイツ人によるユダヤ人商店やシナゴーグに対する焼き討ちが行われました。
戦後、ナチス狩りを恐れたのか、親を失って居場所がなくなったのか、ベルリンから離れた少年が、戻ってきてベルリンに死す。
それはそれでよかったのではないか。

マッツェの友人が出ていた映画も、ナチス将校とユダヤ人女性の悲恋を描いたものでしたが、歴史の影を感じますね。

ニコは違和感を抱えて生きている青年で、そのためか大学もやめてしまったし周りに関する関心も希薄。どこへ行っても食事をせず飲み物しか口にしようとしないのは、食べることにも違和感があるのかな?
無常に流されていくだけの日常に、「コーヒーが飲みたいのに飲めない」という小さなアクシデントが、この映画のアクセントになっています。
・・・でも「冒険」じゃないよな、この映画。

わたし的映画の見どころに、ベルリンの街並みがあります。フリードリヒ・シュトラーセ駅界隈とか、壁の跡とか、トラムとか、懐かしい~。

モノクローム画像で描いたベルリンの街といえば『ベルリン 天使の詩』がありますが、あれは天使の目からみた色合いという設定だったけど、多分この映画ではそういう意味ではないよね。

でもベルリンは青空も似合うけど、モノクロームも似合う街だな・・・。


公式サイト:http://www.cetera.co.jp/coffee/

YouTubeにあるドイツ版の予告:https://www.youtube.com/watch?v=OHrZtRt5EKc

|

« 映画『パラサイト』感想 | トップページ | ドイツ映画『美女と野獣』感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画『パラサイト』感想 | トップページ | ドイツ映画『美女と野獣』感想 »