« グラニースミスのアップルパイ2種 | トップページ | J.S.PANCAKE CAFEの「シャインマスカットとクレームダンジュのパンケーキ 」 »

映画『グリーンブック』感想

ヴィゴ・モーテンセンさんが好きなので、ずっと気になっていたのですが、Amazonprimeで100円セールだったので見てみました。

 


 

1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニーは、客を殴ってクビになる。

ある日、トニーはなじみの客の紹介で、黒人ピアニストの運転手の職にありつく。彼の名前はドクター・ドン・シャーリー。カーネギーホールの上階で王様のように暮らし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。クリスマスには戻る予定で、二人は〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。

案の定、あちこちでドンは差別を受けます。博士号をもつようなインテリで、コンサートでは熱狂的に迎えられ賞賛されるドンですが、掃きだめみたいな黒人専用ホテルにしか泊まれなかったり、バーに行けば白人に絡まれて袋叩きにされたり、会場内のトイレを使わせてもらえず、屋外にある汚いトイレを使うよう言われたり、次の街を目指して夜車で走っていたら、「黒人は夜間外出は禁止」と言われブタ箱に放り込まれたり・・・・。
家に来た黒人の修理工が口をつけたコップを捨てたようなトニーでさえも、このあからさまな差別にショックを受けます。

トニーはニューヨークに置いてきた妻子に向けて手紙を書くのですが、「今日は何をした、何を食べた」というつまらないことばかり。見かねたドンは、ロマンチックな文章を考えてやります。そんな交流をとおして二人はお互いを理解していきます。

ツアーの最後の目的地、アラバマ州のバーミンガム。会場に用意された楽屋は物置部屋で、レストランでの食事も拒否されてしまう。あまりの仕打ちにドンはコンサートを蹴って会場を後にする。

トニーはドンをこの町の黒人専用のバーに食事に連れていく。白人とタキシードの黒人の組み合わせに店中から奇異の目で見られるが、トニーがピアニストだと紹介し、お店のピアノでまず手始めにショパン、そして店のバンドと即興で弾き始めると客も大盛り上がり。

それから大急ぎでニューヨークを目指したが、吹雪に阻まれてしまう。猛烈な眠気に襲われたトニーに代わってドンが運転し、ギリギリでクリスマスのディナーに間に合うようにトニーの家に到着。二人はそこで別れたがーー。


黒人ながらピアノの才能のために優遇されているドン。ゲイでもある彼は「黒人でも白人でも男でもない」と自分のアイデンティティに悩んでいます。南部への旅は、そんな自分を変える勇気を得るための旅だったようです。
粗野で喧嘩っ早いけれど、情に厚く道理がわかっているトニーは、そんな彼を見て黒人に対する偏見を改めます。


最後、ひとり家に戻ったドンが、トニーの家を訪れるシーン。
トニーが家族にドンを紹介すると、一瞬動きが止まりますが、次の瞬間、「彼のために場所を空けろ」と歓迎する様子を見てホッとしたし、トニーの妻ドロレスが、ドンが手紙を書かせたのだと見抜いていたのがよかったです。素敵なラストシーンでした。


最近またBlack Lives Matter などと言って、黒人差別反対運動が活発化してます。この問題は根が深くて、解決は難しいと思いますが、少しでも相手に寄り添える人が増えればいいと思いました。


公式ホームページ:https://gaga.ne.jp/greenbook/

|

« グラニースミスのアップルパイ2種 | トップページ | J.S.PANCAKE CAFEの「シャインマスカットとクレームダンジュのパンケーキ 」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グラニースミスのアップルパイ2種 | トップページ | J.S.PANCAKE CAFEの「シャインマスカットとクレームダンジュのパンケーキ 」 »