« 菱屋カレンブロッソのカフェぞうりシュガー、購入しました | トップページ | コロナにまつわるドイツ語 »

韓国映画『レッドファミリー』感想

お隣に住む理想的なご家族が、実は北の工作員チームが家族を装って暮らしていた――。

北に残した実の家族を守るために日夜任務に励む彼らだが、喧嘩ばかりだけど仲のいい隣の家族が実はうらやましい。自分たちは、任務で一緒にいるだけのニセモノの家族だからだ。

夫役の工作員の妻が脱北を図って捕らえられたと聞き、妻役の女班長が大手柄を立てれば許されるのでは、と独断で反逆者と思われる人物の暗殺を行う。ところがその人物は寝返ったと見せかけて、北に機密を流していた重要人物だった。
女班長は「自分が責任を取るから他の工作員は助けて」と命乞いをするも、隣の韓国人家族を殺せば、北に残した家族だけは助けてやると言われ・・・。

と、話の内容も結末も読める話なんですが・・・。

家族として暮らしていくうちにお互い情が湧くが、甘えて失敗を許していたら命取りになる。距離を取らざるを得ない。いざ処刑されるとなったとき、みんなで隣の家族の喧嘩の場面を再現するのは、本当の家族のように本気でぶつかりあいたかった、という気持ちの現れなのでしょう。慟哭が胸を打ちます。


娘役の少女工作員が生き残っていた、というラストシーンは、これはファンタジーだなとは思いますが、希望を感じさせるラストでした。

公式ホームページ:http://redfamily.gaga.ne.jp/

|

« 菱屋カレンブロッソのカフェぞうりシュガー、購入しました | トップページ | コロナにまつわるドイツ語 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菱屋カレンブロッソのカフェぞうりシュガー、購入しました | トップページ | コロナにまつわるドイツ語 »