« 文楽公演「妹背山婦女庭訓」鑑賞 | トップページ | The PERFUME OIL FACTORY  Nr.29 »

リッツカールトン大阪でアフタヌーンティーを

せっかく大阪に行ったので、リッツカールトン大阪でアフタヌーンティーを楽しみました。

Img_20230422_151847839_hdr

 

リッツカールトン大阪は、格調高いヨーロッパの邸宅のような内装で、一度行ってみたかったホテル。
ラウンジ入り口の花がもう豪華でほんとうに素敵。

Img_20230422_152015710_hdr


ラウンジではピアノの真ん前の席に案内されましたが、ちょうどそのときピアノとフルートの女性の二人組が演奏中で、かぶりつきで見ることができてラッキーでしたね。

私が行ったときのアフタヌーンティーの企画は、英国チャールズ国王の戴冠式を記念して英国王室御用達ラグジュアリーブランド「Asprey(アスプレイ)」とのコラボでした。

Img_20230422_152221394
(茄子色の)紫がイメージカラーだからか、スイーツもベリー系が多かったですね。
お茶やコーヒーが選べるようになっていて、私はおすすめのオリジナルティーをお願いしました。カップが空になると継ぎ足しに来てくれました。

ウェルカムドリンク的なお飲み物

Img_20230422_152825180

 

三段重ねがやってきました。

Img_20230422_153342318-1

どれから食べてもいいらしいのですが、私はいつもセイボリー→スイーツ→スコーンの順番で食べるので、その順でご紹介

セイヴォリー
奥から時計回りに、
エンドウ豆・枝豆・レモン・弓削牧場チーズのタルトレット
ローストビーフ・トリュフと粒マスタードのサラダ・クロスティーニ
デビルドエッグ・オシェトラキャビア
コロネーションチキン・チェリートマト・プルマンブレッド  コロネーションチキンは、エリザベス2世女王の戴冠式のときに考案されたメニューだそうです。

Img_20230422_153430418 


スイーツ
奥から時計回りに、
クラナカン(スコットランドの伝統的なデザートで、クリームにラズベリーやオーツ麦、ウィスキーを混ぜたもの)
ブラックカラントムース 水色の中味がブラックカラントのムース
ブルーベリータルト
ストロベリークリーム  赤いイチゴの中味はヴァニラ味のムース
レモンシラバブ    16~19世紀にイギリスで流行ったムース状のデザートというムース。ホワイトチョコの殻の中から、緩いレモン味のムースがとろけだしてくる。

Img_20230422_154938818


スコーン
プレーンスコーン、レーズンスコーン、クロテッドクリーム、ストロベリージャム、
ヴィクトリアケーキ(旗?に隠れてよく見えませんが) ヴィクトリア女王お気に入りのスポンジケーキだそうです。

Img_20230422_154244884

 

食べているときは「どの辺がイギリスなんだろう」思っていましたが、改めて調べてみると、イギリス尽くしのメニューでしたね。

このほかに、アスプレイのチョコレートもありました。バジル入りのと、塩風味のホワイトチョコ(たしか)があって、私はバジル入りを選びましたが、それほどバジル風味は感じられませんでしたね。

|

« 文楽公演「妹背山婦女庭訓」鑑賞 | トップページ | The PERFUME OIL FACTORY  Nr.29 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文楽公演「妹背山婦女庭訓」鑑賞 | トップページ | The PERFUME OIL FACTORY  Nr.29 »