最近のトラックバック

音楽

ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団名曲全集 第91回に行きました。

2013/11/03(日) 14:00開演

【出 演】
指揮:ユベール・スダーン
ヴァイオリン:レイ・チェン

【曲 目】
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
ブルックナー:交響曲 第4番 変ホ長調「ロマンティック」

川崎のミューザで東京交響楽団のコンサートに行ってきました。
実は、初ミューザ。ワインヤード形式で、正面にパイプオルガン。みなとみらいホールに似てますが、開演を告げる音がドラじゃないので、ちょっと違和感。(本来、ドラの方が一般的じゃないんだけど・・・)

東京交響楽団は燕尾服着用なんですね。赤いカマーベルトがおしゃれです。


ヴァイオリンのソリストは、台湾生まれ、オーストラリア育ちのレイ・チェン。
重厚感のある演奏でしたよ。
まだ24歳ということで、お辞儀する姿とか若々しくて、ほほえましい感じがしましたよ。
(完全にオバチャン目線だな・・・)
アンコールは、パガニーニ作曲の「24のカプリーズ第21番」でした。

そういえば、演奏中に地震が起きてびっくりしました。(後で調べたら、茨城県南部が震源地で、川崎は震度2でした。)
そのまま続行しましたけど、ミューザといえば、大震災の時に天井が崩落したいわくつきのホール。改修後とはいえ、やはり不安になりますよね。天井に目を走らせている人、私のほかにも何人もいましたよ。

「ロマンティック」は、重厚というか、大音声ですごい迫力でした。
ヴァント指揮のCDで聞きなれているからか、「もう少し繊細でもよかったな~」なんて思ったりして。
もっとも、CDで音量絞って聴くのとわけが違うのですが。

でも、両方とも生で聴きたかった曲だったのでよかったです。

Song of the Sprit

マンドリンをやっている友人のコンサートを聞きに行きました。

コンサートでは、壮大な迫力ある曲が多かったので、こちらは圧倒されましたが、友人は「舞台裏はボロボロよ~」なんて謙遜してましたね。

コンサートで初めて聴いて印象に残った曲は、「Song of the Sprit ~魂の歌~」。イギリスの作曲家カール・ジェンキンスの曲です。前にフィギュアのBGMにも使われたそうですよ。
マンドリン用の編曲だけど、ホルンやフルートも入ってドラマチックでした。

歌入りのバージョンもありますが、そっちもかっこいいです。

帰りに寄った東京駅の丸の内北口の丸天井、改修後初めて見ましたが、黄色と白と茶色で、お菓子みたい~。

Tokyobhf_001

それから丸ビルのネグリンのお店にも寄って、リングをオーダーしてきました。出来上がりは10月くらいかな・・・。でも当てもなくお目当てのものを探し回るよりは効率がいいからね。

アストリート・フライアイゼン著『ピアフのためにシャンソンを』感想

『ピアフのためにシャンソンを
作曲家グランツベルクの生涯』
アストリート・フライアイゼン 著 藤川芳朗 訳
中央公論新社 定価 2,940円

名曲「私の回転木馬」「パダム…パダム」を作曲したユダヤ人作曲家ノルベルト・グランツベルクの伝記。

ガリツィアで生まれたグランツベルクは、両親の移住に伴いドイツ・ヴュルツブルクで少年時代を過ごす。幼い頃から音楽の才能を見せていた彼は、20歳そこそこで、ベルリンで指揮者として、また映画音楽の作曲家としてデビューする。それもつかの間、ナチスによって亡命を余儀なくされる。

亡命先のパリで、酒場のピアノ弾きの職を得るが、このとき、まだ歌手志望の少女にすぎなかったエディット・ピアフと出会っている。

そうこうしているうちにナチスはついにパリを占領、グランツベルクはマルセイユへと逃れる。そこで、今や売れっ子歌手となっていたピアフに拾われ、彼女の知人宅に匿われ生きて終戦を迎える。

二人は恋仲だったこともあるが、ピアフの破滅的な性格から長続きはしなかった。だが、ピアフに「私の回転木馬」など数々の名曲を提供するなど、関係はピアフの死まで続いた。
やがて世間ではロックが流行り出し、グランツベルクは音楽の世界から遠ざかる。

この忘れられた作曲家が1997年に「再発見」されたのは、同郷のヴュルツブルクの女性ジャーナリストのお手柄だった。この発見をきっかけに書かれたのが本書である。

本書で興味深いのは、やはりピアフとのエピソード、シャンソンの名曲誕生秘話などですが、1920年代のベルリンの華やかなショービスの世界についての描写なども面白い。

また、「再発見」された後、グランツブルクはヴュルツブルクで演奏会を行うなど、故郷に錦を飾ったり、再び音楽活動を始めたりして、満ち足りた晩年を過ごします。

歴史に翻弄された芸術家の一代記であると同時に、その時代を描いた一種の歴史書とも言えるでしょう。ナチスに祖国ドイツを追われたユダヤ人芸術家――こんな人は星の数ほどいたんだろうな。

彼が、自分のルーツに立ち返って作曲したオーケストラ版「イディッシュ組曲」、Youtubeで聴きましたが、エキゾチックでノスタルジックで壮大で色彩豊かなすごい曲でした。
シャガールの絵画が想起されるというか、ファンタジー映画のサントラになりそうっていうか(・・・褒めているつもりです。)

Max Raabe さんの新曲『Kleine Lügen(小さな嘘)』

今日は、運転免許の更新に行ってきました。
暗証番号を登録する、という手続きが導入されたんですね。これをいつどの場面で使うのか結局わからずじまいでしたが・・・。次回の更新時に使うのでしょうか?それまでメモを取っておかないとね。

さて、Max Raabe & Palast Orchesterは、今年も日本にはきてくれないみたいですが、新曲を出していたんですね!

"Küssen kann man nicht alleine"(キスは一人じゃ出来ない)の主人公(?)のカエル君――Herr Grün という名前だったんですね!――がまたまた登場。

私のパソコン、動画が紙芝居になるシロモノなのでイマイチストーリーが分からないのですが、カエル君が悪者に捕まって拷問にかけられているところをラーベさんがさっそうと助けに来る、という感じのようです。
"Küssen・・・"みたいな、ラブリーな曲ですよ~。

Kleine_luegen

(公式ホームページから)

≪ヴィデオはこちらから≫
http://www.palast-orchester.de/de/galerie/376-kleine-luegen-musikvideo

歌詞は以下のとおり。

Du fragst mich Schatz bin ich zu dick?
ドゥ フラークト ミッヒ シャッツ ビン イッヒ ツー ディック
Nein prima sag ich alles schick
ナイン プリマ  ザーク イッヒ  アレス  シック
Du fragst mich Schatz hat´s den geschmeckt
ドゥ フラークト ミッヒ   シャッツ  ハッツ    デン ゲシュメックト
Ich sage lecker war perfekt
イッヒ ザーゲ レッカー ヴァール ペルフェクト
Hast du die Gundula geküsst?
ハスト ドゥ ディー グンドゥラ ゲキュスト
Ich weis doch garnicht wer das ist
イッヒ ヴァイス ドッホ ガールニヒト ヴェア ダス イスト
Ich sage ich flieg auf die Seychellen
イッヒ ザーゲ イッヒ フリーク アウフ ディー ザイヒェレン
Dabei fahr ich nur nach Neu-Köln
ダバイ ファール イッヒ ヌア  ナッハ   ノイケルン

(※)
Kleine Lügen tuen nicht weh
クライネ  リューゲン トゥーエン ニヒト ヴェー
Kleine Lügen sind wie Honig im Tee
クライネ  リューゲン ジント ヴィー ホーニヒ  イム テー
Wie ein Sahnebaiser
ヴィー アイン ザーネバイザー
Und sie machen das Leben leichter
ウント ジー マッヒェン  ダス レーベン ライヒター
Kleine Lügen sind fast wahr
クライネ  リューゲン ジント ファスト ヴァール
Wenn sie gut sind sind sie unbezahlbar
ヴェン ジー グート ジント ジント ジー ウンベツァールバール
Bedeuten keine Gefahr
ベドイテン   カイネ   ゲファー
Und sie machen das Leben reicher
ウント ジー マッヒェン  ダス  レーベン ライヒャー
(※)

Glaub mir das Geld ist unterwegs
グラウプ ミア ダス ゲルト イスト ウンターヴェークス
Sogar mit Zinsen ich´s belegs
ゾガール ミット ツィンゼン イッヒス ベレークス
Ich stell mich vor´n am Schalter an
イッヒ  シュテル  ミッヒ フォルン   アム  シャルター   アン
Und sage Hallo ich bin dran
ウント ザーゲ ハロー  イッヒ ビン ドゥラン
Der Doktor fragt mich trinken Sie?
デア ドクトル  フラークト  ミッヒ   トリンケン  ジー
Ich sage nein ist noch zu früh
イッヒ ザーゲ ナイン イスト ノッホ ツー フリュー
hat mich gefreut es war sehr schön
ハット ミッヒ ゲフロイト エス ヴァール ゼーア シェーン
Ich wurd sie gerne wieder sehn
イッヒ ヴルトゥ ジー ゲルネ ヴィーダー ゼーン

(※)繰り返し

NHK交響楽団2013 横浜定期演奏会感想

久しぶりにクラシックのコンサートに行きました。

2013年2月23日(土)開演 2:00pm
横浜みなとみらいホール

曲目は次のとおり。

リスト/交響詩「レ・プレリュード」
 
リスト/ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調
 
サン・サーンス/交響曲 第3番 ハ短調 作品78

指揮:準・メルクル
ピアノ:ヘルベルト・シュフ
N響の皆さんは、燕尾服で演奏するんですね。最近ダークスーツのところが多いから逆に新鮮。
やっぱりオケは燕尾服だな!(←暴言)

前半はリスト2曲。リストといえば、ラルフ・イーザウ『緋色の系譜』では超常力者として登場。ピアノのソリストはヘルベルト・シュフさん。アンコールには、同じくリストの「ラ・カンパネラ」を演奏してくださいました。
あんな早い曲、とてもじゃないけど弾けない・・・。

サン・サーンスの交響曲第3番は、パイプオルガンが入る曲ですが、あまり主張しないのね。
この曲を初めて聞いたとき、「マーラーに似ているな」と思いましたね。

やっぱりコンサートはいいなあ。

niftyのブログの管理ページから記事を作成するとき、gooleだと改行やリンク張りが上手くいかないのはなぜなんだろう・・・。

電子ピアノ買いました

ず~っと前から楽器を習いたくて、仕事が忙しい時期を乗り切って時間も出来るので、ピアノを習うことにしました。弦楽器と違って、叩けば音が出るからね!

ピアノは持っていませんでしたが、「練習してこなくても大丈夫ですよ~」と言われて安心してたのに。
はじめての人向けのクラスのはずなのに、しょっぱなから両手で弾くことに。2回目ですでについていけない状態です。

そんなわけで、電子ピアノを買いました。
ネットの口コミで「61鍵盤ではすぐ足りなくなる」と書かれていたので、76鍵盤のものを探しました。

Wk220_mainimage

(写真はカシオのホームページより)


カシオのWK-220です。
いや、でかいですね~。寸法は確認したけど、家の中に置くと存在感ありまくりです。
定価42,000円ですが、ポイントを使って16,000円程度で購入。

いろんな機能がついていますが、現段階では豚に真珠ですね(笑)。がんばって練習して、来年の今ごろは倉本裕基の「ロマンス」とか弾けるようになりたいな・・・。

「前橋汀子ヴァイオリン・リサイタル 演奏活動50周年コンサート」感想

神奈川県立音楽堂で行われた前橋汀子さんのヴァイオリン・リサイタルに行ってきました。

第1部は白いドレスで登場。
曲目:
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第5番「春」 ヘ長調Op.24
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 ニ短調BWV.1004

「シャコンヌ」が聴きたくてこのリサイタルに来たようなものですが、期待にたがわぬ美しさでした。

休憩後、目の覚めるような真紅のドレス姿に。

ヴィエニャフスキ:モスクワの思い出
ドヴォルザーク:わが母の教え給いし歌
ドヴォルザーク:スラブ舞曲Op.72-2
クライスラー:愛の喜び
マスネ:タイスの瞑想曲
ファリャ:スペイン舞曲
サンサーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ Op.28

アンコールは、2曲で終わりかと思いましたが、もう1曲、もう1曲と追加で弾いて下さいました。なんか、「弾き足りない!」って感じでしたね。
演奏曲は下記のとおり(うろ覚えですが・・・)。

クライスラー ウィーン奇想曲
クライスラー 愛の悲しみ
(失念)
ブラームス  ハンガリー舞曲第5番


調べたところ、生年は1943年。つまり今年で69歳!それであの艶やかさ、ヴァイオリンの力強さ。素晴らしいですね~。

ピアノ伴奏は松本和将さんでした。

ケント・ナガノ・コンダクツ・ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」、「エグモント」&「ザ・ジェネラル(司令官)」感想

まだ、「運命」しか聴いていませんが。


いや、ちょっとびっくり。印象を一言で言うならば

クールで戦闘的な「運命」

まずテンポが速くて、「ぶつ切り」ってわけじゃないけどサクサクと進んでいく感じ。
すごく現代的な感じがする音だけど、解説によると、オケは当時の配置(ヴァイオリンが向かい合う配置)なのだそうです。(←あ、そういうのは関係ないのか?)

ベートーヴェンって、情熱的というかエモーショナルなイメージがあったんですが、指揮者によってイメージが変わりますね。

「神奈川フィル第277回定期演奏会」感想

先日、「神奈川フィルが存続の危機」という新聞の記事を読み、急遽コンサートに行くことにしました。
席は、ステージ後ろ側でした。客の入りは8割くらいか。


指揮者 サッシャ・ゲッツェル 

共演者 松田理奈(ヴァイオリン) 

○ R・シュトラウス/交響詩「ドン・ファン」

○ ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調


○ ブラームス/交響曲第4番ホ短調作品98 


ブルッフのソロを弾いた松田理奈さん、黒いドレス姿で、天を仰ぎみるようなポーズから弾き始めました。
本人のブログをのぞいたとき、ちょっと「幼い」印象を受けましたが、いえいえ、なかなか力強い演奏でした。でも後ろからだったから、ちょっとつまらなかったな~。ケチらないで、いい席取ればよかった。

演奏に引き続いてのアンコールでは、イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタの第2番第1楽章を弾いてくれましたね。


終演後、ロビーでフィルの方々が募金箱を持って立っていました。
なんでも、「多額の債務超過を抱え、公益法人制度改革を前に存続の危機というべき状況(情報誌『Prelude』より)」にあるそうです。神奈川のプロオケがなくなったらさみしいけど、そもそもなんで債務超過になっちゃったわけ・・・?
まあ、不景気な世の中だし、どこも台所事情は厳しいんでしょうね。

ささやかながら応援しようと、応援グッズの携帯ストラップを買いました。

Rimg3070

来週(2月4,5日)も、好きな曲(ラフマニノフのピアノ協奏曲2番)をやるんだよね~。でも毎週出かけるの疲れるしな・・・。どうしよ。


神奈川フィルの公式ホームページ:
http://www.kanaphil.com/content.cgi?p=SC10001

音楽堂ニューイヤーコンサート『日本の音でお正月!』感想

神奈川県立音楽堂で、「日本の音でお正月!」を聴いてきました。

「ニューイヤーコンサート」と銘打ったこのコンサート、なんとクラシック音楽ではなく、狂言、尺八、雅楽といった日本の伝統音楽によるコンサート。そこにマリンバというジャンルの違う楽器も入って、実に興味深い舞台だったのでした。

開演前、ロビーでは女性二人が宮城道雄「春の海」を演奏していたり、ミニテーブルに緋毛氈が掛けられたりしているなど、お正月気分を演出していました。
会場の中に入ると、舞台の真ん中には假屋崎省吾がプロデュース(?)した、能舞台に描かれている松の形そっくりにアレンジされた松が置かれていました。

第1部

・狂言「茂山家の“舞初式”」
 茂山千五郎、茂山千三郎、茂山宗彦、茂山逸平 ほか

茂山家では毎年正月4日に自宅の稽古場で「舞初式」を行うそうです。

・宮城道雄『春の海』
 尺八:藤原道山、マリンバ:SINSKE 

通常は尺八と箏という編成ですが、今日は尺八とマリンバ。
マリンバを演奏するSINSKEさんは、袖がフリフリのフラウスを着て、まるでヴィジュアル系のロック歌手のようないでたち。紋付袴の他の共演者の中で違和感ありまくりでした(そのうち見慣れましたが・・・)。
バチを片手に2本ずつ、計4本使って演奏していましたが、なかなか面白かったです。

・『三番三(さんばそう)』によせて
 狂言:茂山千三郎、尺八:藤原道山、マリンバ:SINSKE、囃子:田中傳次郎 

『三番三(さんばそう)』をモチーフにした新曲。演じ終えられたあとのトークによると、藤原さんが作った曲に茂山さんが舞をつけたものとか。能や歌舞伎などのいろんな要素を取り入れた異色作に、どう舞ったらいいものか、と1月18日くらいまで悩んだ、と茂山さんが言えば、クラシック出身のSINSKEさんも、邦楽の呼吸の奥深さに驚いた、なんて言っていましたね。
そんなこと言いながらも、舞台は皆さんの息のあった大変素晴らしいものでした。

・狂言「福の神」
 茂山千五郎、茂山宗彦、茂山逸平

2人の男が神社で年越しのお篭りをしていると、福の神が現れお神酒を催促する。豊かになるための元手はお金ではなく「心持ちのことだ」と諭し、笑って去っていく。お正月らしい狂言。

第2部    
・舞楽『春庭花(しゅんでいか)』
 舞楽:東京楽所 

唐の玄宗皇帝が「今年は開花が遅い」と嘆いたところ、花々が一気に咲いたという逸話をもとにした作品。
4人の舞人が華やかにゆったりと舞う様は、平安時代の宮中絵巻のようでした。

桜木町の駅までの帰り道、野毛の音楽通りのパン屋さんで、昔なつかしのシベリアケーキを発見!


Siberia

厚さ10cm、ようかん部分だけでも4cmはあります。ようかんがさっぱりとした甘さで実に美味しい!

うっかりする見落としてしまいそうな小さな街のパン屋さんなのですが、創業1916(大正5)年の老舗だそうです。

「コティベーカリー」のHP:http://www.geocities.jp/coty_bakery/

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ